近刊検索 デルタ

2017年10月2日発売

創藝社

幸せになる働き方の法則

『幸働観』による13の考え方!
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
舩井幸雄の意志を継承する社長からの熱いメッセージ。 社長から社員に発信し続けた 日報『幸働観』より、エッセンスの数々をテーマ別に厳選し、まとめた一冊! さまざまな立場の人に役立つエッセンスが満載! よりよい人間関係を手に入れたい人 コミュニケーション力をステップアップさせたい人 仕事ができるようになりたい人 仕事の質をアップさせるポイントとは? 売り上げアップを目指したい人 時間を味方につける方法を知りたい人 会社を良くしたいと思っている人 人生をものたりなく感じている人 人生を深めるキーワード リーダーシップを学びたい人 一流を生きるための観点を知りたい人 経営者としての在り方を学びたい人 ・・・・・・ほか
目次
第一章 より良い人間関係を手に入れたいあなたへ ………………………………21 ◆笑顔は万能薬ですから  …………………………………………22 ◆「鏡の法則」を意識する …………………………………………23 ◆嫌いになってはいけない …………………………………………24 ◆相手をまず好きになるには ………………………………………24 ◆禅の考え方から学ぶ  ……………………………………………25 ◆まずは軸を自分にもつ  …………………………………………26 ◆クセとは上手くつきあう …………………………………………27 ◆相手をディスカウントしていませんか? ………………………28 ◆人間関係に変化をもたらす魔法の一言……………………………29 ◆人からの応援の一つ一つに感謝を ………………………………30 ◆言葉には十分気を付ける …………………………………………30 ◆自分が放ち相手に伝わる感じ=「人柄感」を大事に  …………31 ◆互いの大事にしていることを大事にする ………………………32 ◆個々が歩み寄るコミュニケーション ……………………………33 第二章 コミュニケーション力をステップアップさせるために  …………………35 ◆見送りはお客様の姿が見えなくなるまでする …………………36 ◆びっくり力で人の話を聴く ………………………………………36 ◆最後まできちんと聴いてから ……………………………………37 ◆敵はできるだけつくらないほうがよい …………………………38 ◆自身の使う言葉、表現を見直してみる …………………………39 ◆どっちでもいいこと…………………………………………………40 ◆信頼の種を蒔くということ ………………………………………41 ◆信頼を育むには ……………………………………………………42 ◆真剣さは行動にあらわれます ……………………………………43 ◆人は感謝で育まれる ………………………………………………43 ◆礼を尽くしてこそ自らが磨かれる ………………………………44 ◆人を応援できることは才能であり能力 …………………………45 ◆してほしいことを明確に伝えるところから ……………………46 ◆より豊かなコミュニケーションのために ………………………46 第三章 仕事ができるようになりたいあなたへ ……………………………………49 ◆仕事を楽しむコツ …………………………………………………50 ◆自分が思う一〇〇パーセントの二倍は仕事ができる …………51 ◆どうやってやれるかを考えて行動して結果を出す ……………51 ◆ワクワクして仕事をしよう ………………………………………52 ◆「できない」と捉えるところから始めると ……………………53 ◆仕事ができるようになるためには ………………………………54 ◆「速さ」は信頼につながる ………………………………………55 ◆どこまで自分があがくかで、結果が決まる ……………………56 ◆知らないのに学ばないことを恥ずべき …………………………56 ◆仕事は結果がすべてです …………………………………………57 ◆信頼は何から生まれるか? ………………………………………58 ◆哲学を行動として示すことが大事 ………………………………59 ◆「判断」を訓練してみる …………………………………………60 ◆お客様とフェアな関係をもつこと ………………………………61 ◆また会いたいと思う存在 …………………………………………62 ◆「準備」は喜びを生むための豊かな時間 ………………………63 ◆脳の腕立て伏せをやってみる ……………………………………64 ◆ある一定のラインを越えられるかどうか ………………………65 ◆わからないことは、悩むより素直に質問する …………………66 第四章 仕事の質をアップさせるポイントとは …………………………………67 ◆仕事とは新しい何かを創造する、精緻な遊び …………………68 ◆仕事の妙味について ………………………………………………68 ◆「素直に、謙虚に実行にうつす」姿勢 …………………………69 ◆やりきった!という毎日を ………………………………………70 ◆「選択」と「集中」のセンスが仕事力全体を決める …………71 ◆自分自身の「持ち味」を認識する ………………………………72 ◆仕事の中にも「アソビ」が必要 …………………………………73 ◆仕事と作業を区別する ……………………………………………74 ◆苦手な仕事を手がける方法 ………………………………………75 ◆貢献の一歩は、まず言葉から ……………………………………76 ◆企業において、信頼できる人とは? ……………………………76 ◆仕事は僕たちを育てるトレーナー ………………………………77 ◆集中力を鍛えて「フロー状態」に ………………………………78 ◆その仕事に込められた思いと姿勢が決める ……………………78 ◆純粋無垢にがんばれる幸せ ………………………………………79 ◆準備に時間を手間をかけましょう ………………………………79 ◆今何が大事なのかを意識しながら ………………………………80 ◆「対案」を用意して仕事に臨む …………………………………81 ◆立ち止まることを習慣に …………………………………………82 ◆感動のおすそ分けがお届けの原点 ………………………………83 ◆広い視点をもつほど仕事が楽しくなる …………………………84 ◆方程式はつくったら、すぐに捨てよう …………………………84 第五章 売り上げアップを目指すあなたへ ………………………………………87 ◆全体を見通してから、一気に攻める ……………………………88 ◆相手のアタマで考えるトーク ……………………………………88 ◆先に相手に与えること ……………………………………………89 ◆丁寧な仕事をしよう! ……………………………………………90 ◆繁盛しているお店や会社のもつ2種類の共通点 ………………91 ◆一喜一憂を越えた視点をもつこと ………………………………91 ◆どこの組織やチームでも急募されている存在 …………………92 ◆お客様との関係性について ………………………………………93 ◆成果が上がらないのは重要な示唆 ………………………………94 ◆伝えたいことをしっかり口にする! ……………………………94 ◆ゴールとは? ………………………………………………………95 ◆一人でも多くのお客様に丁寧なアクションを …………………96 ◆結果を出すための黄金則とは ……………………………………97 ◆幸せを明確にイメージしていただく ……………………………98 ◆経営者の本音 ………………………………………………………99 ◆明確な指摘をしてくれる人から学ぶ ……………………………100 第六章 時間を味方につける方法 …………………………………………………103 ◆時間をコントロールする鍵とは …………………………………104 ◆時間を味方につけるために ………………………………………105 ◆互いの時間を大事にする …………………………………………105 ◆オンとオフのバランス感覚を大事に ……………………………106 ◆集中して自身の仕事レベルを高める ……………………………107 ◆ヤル気とかける時間と方法論 ……………………………………108 ◆その瞬間の最高点をとりにいくには ……………………………109 ◆お客様の時間を大切にしてこその商談 …………………………110 ◆段取りに長けよう! 時間割はつくらない ……………………110 ◆スピード観は実績をつくりだす …………………………………111 第七章 会社を良くしたいと思っているあなたへ(仕事、チームワーク、一体化) …115 ◆すべての仕事はチームワーク ……………………………………116 ◆チームワークの第一歩は…… ……………………………………116 ◆いまこそ個の力、やりきる力をつけたい ………………………117 ◆一緒になって仕上げるチームワーク ……………………………118 ◆自身とチームメンバーの役割認識を ……………………………119 ◆チームにとって必要なことは ……………………………………120 ◆チームにおける責任感 ……………………………………………121 ◆「チーム愛」に学ぶ ………………………………………………122 ◆長所を伸ばすとともに短所の是正につとめる …………………123 ◆会社における役割分担 ……………………………………………124 ◆会社の全てが自分の大切なものだと捉えてみる ………………125 ◆やるという判断を誰もができるチームに ………………………126 ◆自分は他に何ができるだろう ……………………………………127 ◆個と全体をみながら貢献点を求め行動 …………………………127 ◆一人じゃないんです ………………………………………………128 ◆やっていないことにも手をつけてみる …………………………129 ◆問題解決のヒントは最高にありがたい材料 ……………………130 ◆「あなた」にもその役割がある …………………………………130 ◆チームワークに欠かせない手法 …………………………………132 ◆言葉によるレスポンスを見なおす ………………………………132 第八章 人生をもの足りなく感じているあなたへ(成長、素直、心の在り方) ………135 ◆気持ちよいキャッチボールのコツ ………………………………136 ◆自身と会社の成長のため「責任」を謳歌する …………………136 ◆成果を生む環境は、それぞれの個がつくっている ……………137 ◆自分の能力を自分で否定してしまう ……………………………138 ◆成長、発展こそ、宇宙の理 ………………………………………138 ◆自分の枠を外してみる ……………………………………………139 ◆姿勢一つで人生が大きく変化する ………………………………140 ◆誰かの笑顔の種であるように ……………………………………140 ◆プラスの先入観を持ってみる ……………………………………141 ◆人の意識波動のもつ力について …………………………………142 ◆誰かのために一生懸命になる人生 ………………………………143 ◆強みと弱み …………………………………………………………143 ◆自分は自分 …………………………………………………………144 ◆越えられないハードルはあたえられない ………………………145 ◆感謝のスイッチを押すのは自分 …………………………………145 ◆今日の汗や苦労や涙が、明日を照らす …………………………146 ◆感動こそ成長と気づきの原点 ……………………………………147 ◆いまを大事にする …………………………………………………147 ◆小さいことの積み重ねで世界を変える …………………………148 ◆有限を認識すること ………………………………………………149 第九章 人生を深めるキーワード(ヒント、しくみ、アクション) ……………………151 ◆変わるために必要なこと …………………………………………152 ◆アマタのノイズをクリーニングする方法 ………………………153 ◆「できない」と言う代わりにやれることを! …………………154 ◆天からのサインをキャッチする!? ………………………………155 ◆悩むより解決策を実践していく …………………………………156 ◆何事も自分からスタートをする …………………………………157 ◆どこまで「やりきれた」かどうか ………………………………157 ◆朝一番でやってほしい習慣とは …………………………………158 ◆学ぼうという姿勢で、心豊かに …………………………………159 ◆小さな自分を自覚する ……………………………………………160 ◆比べるなら自分 ……………………………………………………161 ◆「自分を試す」感覚で取り組んでみる …………………………162 ◆仕事は、人生のスパイスです ……………………………………163 ◆自信は自身の変化で獲得できます ………………………………163 ◆アタマの筋力を鍛えましょう ……………………………………164 第十章 リーダーシップを学ぶ  ……………………………………………………167 ◆目指すべきリーダーシップ像について …………………………168 ◆社内に広げたいリーダーシップ像 ………………………………168 ◆「完全ではない」+その場で考えベストを尽くす ……………169 ◆機を待つことも大事 ………………………………………………169 ◆愛情をもって、協調的に社内の改善を …………………………170 ◆礼儀はやはり大事なものです ……………………………………171 ◆人の本質は見えないところにある ………………………………172 ◆今何をするべきかを真剣に考える ………………………………173 ◆人はコントロールできない ………………………………………174 ◆本当に強いチームが見せるものの裏には ………………………175 第十一章 一流を生きるために  ……………………………………………………177 ◆一流になるには、一流を目指す …………………………………178 ◆「一流」を目指してみませんか …………………………………178 ◆「一流」へのスイッチを入れる方法 ……………………………179 ◆「下手な鉄砲」を撃ち続ける ……………………………………180 ◆プロ化への一歩を踏み出すには …………………………………181 ◆慣れを排除して仕事のトップアスリートに ……………………182 ◆緩めることもプロの流儀の一つ …………………………………183 ◆納得のいく成果を求める …………………………………………184 ◆師匠を超える ………………………………………………………184 第十二章 経営者としての在り方を学ぶ ……………………………………………188 ◆現場感覚は、現場で感じ取ってこそ ……………………………188 ◆船頭多くして、船、山に登る…… ………………………………188 ◆混沌とは、何かが生まれる予兆 …………………………………189 ◆会社は大人の教育機関 ……………………………………………190 ◆戦わない戦略について ……………………………………………192 ◆自分よし、相手よし、地球よし …………………………………192 ◆本物の信頼関係を目指す …………………………………………193 ◆いまも未来も大事にする …………………………………………194 ◆仕事はお客様と社員でつくるドラマ ……………………………195 ◆快適な仕事空間つくりについて …………………………………196 ◆がんばる人、工夫する人を大事にする人でありたい  ………196 第十三章 舩井幸雄からの学びより …………………………………………………199 ◆舩井幸雄からの学びベスト12 ……………………………………200 ◆こだわり(執着)と丁寧さを区別する …………………………202 ◆「はい!」のスイッチ ……………………………………………203 ◆素直さは、成長の糧 ………………………………………………204 ◆バランス感覚を鍛えてみよう ……………………………………205 ◆伝えることをあきらめないで ……………………………………207 ◆「信頼関係」を具体的に培う方法 ………………………………208 ◆知らないことを受け入れることのすごさ ………………………209 ◆受け取る前に先に与える …………………………………………210 ◆好かれることより大切なことは与えること ……………………211 ◆義理や仁義を大事に生きること …………………………………212 ◆向き合うことにより「成長」をいただく ………………………213 ◆「人財」とはどういう人のこと? ………………………………214 ◆マクロに見て、ミクロに動け! …………………………………215 ◆売るという役割とは、覚悟が必要なのです ……………………216 ◆自身の経験の中に答えがみつかる場合がある …………………216
著者略歴
佐野 浩一(サノコウイチ)
佐野 浩一 大阪府出身。株式会社本物研究所代表取締役社長。関西学院大学法学部政治学科卒業後、13年間兵庫県の私立中高一貫教育校の英語教員として従事。2001年に株式会社船井事務所入社。株式会社船井総合研究所に出向。船井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。船井幸雄がルール化した「人づくり法」「人間学」の直伝を受け、人づくり研修(主に企業幹部候補向け)「人財塾」として体系化、その主幹を務めた。2003年4月、船井幸雄グループ(現:船井本社グループ)・株式会社本物研究所を設立し、代表取締役に就任。商品の「本物」、技術の「本物」、生き方、人づくりの「本物」を研究、開発し、広く啓蒙、普及活動をおこなっている。他に、一般財団法人舩井幸雄記念館・代表理事、株式会社51 Dreams' Company・取締役会長、株式会社51コラボレーションズ・代表取締役会長、ライフカラーカウンセラー認定協会・代表を務める。著書に、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナコーポレートコミュニケーション)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。