近刊検索 デルタ

1月31日発売予定

三元社

ヘンリー・フューズリの画法

物語とキャラクター表現の革新

本体価格:3,200円+税

判型:A5

openbd

週次:
39位
月次:
103位

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
魔術的画家の人体造形論
《夢魔》など奇怪な幻想絵画で知られるフューズリはじつは主流派アカデミシャンであり、美術史と古典文学に精通する教養人だった。イギリスロマン主義の源流となり、さらに後代の美術家に深い影響を与えた彼の芸術思想と物語絵画の制作手法を、その着想源となった近代観相学や当時の演劇・見世物など視覚文化の反映と共に明らかにする。
目次
序章
第一章 物語絵画と十八世紀の美術市場
第二章 物語とキャラクターの理論
第三章 「劇場は最高の学校」―俳優の演技と物語絵画の「行為」
第四章 物語とキャラクターの造形
第五章 次世代に継承されたフューズリの画法

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。