近刊検索 デルタ

2018年1月26日発売

三元社

近代日本言語史再考 V

ことばのとらえ方をめぐって
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本において「国語」はあって当然のようにみなされてきた。しかし、多言語社会日本を考える際には、こうした考え方を相対化し、より柔軟な多言語へのまなざしを見出していく必要がある。つまりは、「国語」からはみえないものへの視線をとりだすことが必要とされる。
なにかを「とらえる」ということは、意志的なものであり、みたくないものはみない、みたいものだけをみる、ということだ。本書は、歴史的に「みえない」ものとされた、そして現在も日本社会で「みえない」ものとされていることばたちを念頭におき、「みる」側の構図をえがきだす。
目次
はしがき xv

序章 「国語」からみえるもの/みえないもの 1
1 はじめに 1
2 国語ということば 2
│2―1│ 制度としての国語 2
│2―2│ 象徴としての国語 4
3 国語と国家と政策と―国語調査委員会 6
4 国語政策と方言、そして多言語性 8
│4―1│ 多様性のとりこみ方 8
│4―2│ 社会変動とことばへの関心 10
│4―3│ 異言語への関心 11
5 日本語政策 12
│5―1│ 対外政策から対内政策へ 12
│5―2│ 「多文化共生」という幻想 14
│5―3│ やさしい日本語 15
6 おわりに―多言語へのまなざし 16
注 17

第一章 ことばをどのようにみようとしてきたのか―近代日本における「言語学」の誕生 19
1 はじめに 19
2 「博言学」ということば 23
│2―1│ ゴンゴ・ゲンギョ・ゲンゴ 23
│2―2│ 語源学から博言学へ 24
│2―3│ 帝国大学博言学科 29
3 帝国大学言語学 38
│3―1│ 博言学から言語学へ 38
│3―2│ 帝国大学言語学 42
│3―3│ 帝国大学言語学の継承 45
4 比較言語学への懐疑 48
│4―1│ 新村出の場合 48
│4―2│ 時枝誠記の場合 50
│4―3│ 比較から歴史へ 54
5 まとめにかえて―日本言語学のもうひとつの形 56
注 60

第二章 「言文一致」がみえなくすること─作文・日記・自伝 67
1 はじめに 67
2 日記をつけることは伝統か 71
3 作文教育のあり方 74
│3―1│ 「日用書類」の作成から「正確ニ思想ヲ表彰」へ 74
│3―2│ 作文教育と言文一致―上田万年の議論を軸に 78
│3―2―1│ 『作文教授法』(一八九五年) 78
│3―2―2│ 「尋常小学の作文教授につきて」(一八九五年) 80
│3―2―3│ 『普通教育の危機』(一九〇五年) 82
│3―2―4│ 「現今の作文教授法に就て」(一九〇七年) 84
4 作文教育の延長としての日記 85
5 日記教育の事例―南弘の娘の日記 89
6 おわりに 95
注 97

第三章 虐殺とことば―関東大震災時朝鮮人虐殺と「一五円五〇銭」をめぐって 103
1 はじめに 103
│1―1│ 流言と「ごく普通」の人びと 103
│1―2│ 警視庁『大正大震火災誌』 105
│1―3│ ことばで区別すること 108
2 証言のなかの「一五円五〇銭」 113
│2―1│ 手記などのなかから 113
│2―2│ 「一五円五〇銭」の起源 118
3 壺井繁治「十五円五十銭」をめぐって 121
│3―1│ 壺井繁治の関東大震災 121
│3―2│ 識別法の効果 124
│3―3│ 後世への影響 126
4 おわりに―あらたな流言に対処するために 129
注 132

第四章 となりの朝鮮文字 141
1 はじめに 141
│1―1│ 言語記述という視線の不在 141
│1―2│ 社会調査の視線と言語記述の不在 143
│1―3│ 「代用」としての在日朝鮮語 144
2 関東大震災と朝鮮文字 146
│2―1│ 平時と非常時のあいだ―「サービス」の朝鮮語と治安対策の朝鮮語 146
│2―2│ 放火のデマと朝鮮文字 148
3 男子普通選挙と朝鮮語・朝鮮文字 152
4 おわりに 158
注 160

第五章 朝鮮人の言語使用はどうみえたか―村上広之の議論を中心に 163
1 はじめに 163
2 村上広之という人物 167
│2―1│ 言語政策はどこまで有効なのか 167
│2―2│ 村上広之の略歴 170
│2―3│ 村上広之論文の構成 174
3 村上広之の論理 179
│3―1│ 「部分的自発的使用」に関して―漢字の読み方 179
│3―2│ 「全体的自発的使用」に関して―朝鮮語方言化論 184
│3―3│ 「功利的目的のための手段」としての国語使用 186
4 おわりに 188
【参考資料】 190
資料一 村上広之「朝鮮に於ける国語問題―主として日常鮮語に取入れられてゐる国語について」『国語教育』二二巻八号、一九三七年八月、七四頁 190
資料二 村上広之「植民地における国語教育政策―主として朝鮮語方言化、国語標準語化の問題について」『教育』六巻六号、一九三八年六月、四三頁 192
注 194

第六章 「ひとつのことば」への道からみえるもの―斎藤秀一編『文字と言語』をめぐって 201
1 はじめに―復刻にあたって 201
│1―1│ 斎藤秀一の略歴をめぐって 201
│1―2│ 『文字と言語』講読者一覧 206
│1―3│ 『文字と言語』に通底するもの 214
2 方言の問題について 215
│2―1│ 方言雑誌隆盛の時代に―『文字と言語』以前 215
│2―2│ 『山形県教育』への寄稿―方言とローマ字 218
│2―3│ 『文字と言語』へ―方言研究と文字理論の希求 221
│2―4│ 『文字と言語』と『東京方言集』 226
3 斎藤秀一の言語観―唯物論言語理論の影響 228
│3―1│ 方言と標準語・国語との関係―生産諸関係のなかで 228
│3―2│ 方言認識における唯物論言語理論の受容 230
│3―2―1│ 「民衆語」と「文章語」そして「国語」と「国際語」 230
│3―2―2│ 「国際語」としてのエスペラント 231
│3―2―3│ エスペラントを通じた唯物論言語理論―ドレーゼン『世界語の歴史』 233
│3―2―4│ スピリドヴィッチ『言語学と国際語』を通じた受容 234
│3―2―5│ 理論への希求と国際主義の主張 236
│3―3│ 『文字と言語』のなかの唯物論言語理論 238
│3―3―1│ つよまる唯物論言語理論への志向 238
│3―3―2│ エスペラントとローマ字化の関係、言語帝国主義批判の視座 239
│3―3―3│ 単一を希求することがもたらすもの 241
│3―3―4│ どの程度共感されたか 243
│3―4│ 方言研究とエスペラント 243
4 中国のローマ字運動への関心 246
│4―1│ ラテン化新文字への理解 246
│4―1―1│ 注音字母・注音符号と国語ローマ字 246
│4―1―2│ ラテン化新文字と方言・大衆 247
│4―1―3│ 斎藤秀一と葉籟士 248
│4―2│ 中国語学習・『支那語ローマ字化の理論』・ラテン化新文字の紹介 251
│4―2―1│ 中国語学習の動機と方法 251
│4―2―2│ ラテン化新文字の理念の紹介へ 253
│4―2―3│ 魯迅・葉籟士の翻訳―『支那語ローマ字化の理論』 255
│4―2―4│ 魯迅の翻訳五編 258
│4―2―5│ 下瀬謙太郎への批判 262
│4―2―6│ 斎藤秀一とさねとうけいしゅう 269
│4―2―7│ 日中戦争の衝撃 271
│4―2―8│ 日本からの発信 273
│4―2―9│ 相互理解と統一戦線の結成へ 275
│4―3│ 外国の固有名詞表記の問題 281
5 斎藤秀一の情報網 284
6 おわりに 286
│6―1│ 母語への回帰 286
│6―2│ 忘却されないために 290
【付記】 292
注 293

第七章 「ことのはのくすし」は何をみていたのか―陸軍軍医監・下瀬謙太郎をめぐって 307
1 はじめに 307
2 下瀬謙太郎略歴 311
│2―1│ 『陸軍軍医学校五十年史』から 311
│2―2│ 軍医と言語問題―鴎外・戦史・中華民国 313
│2―3│ 陸軍軍医学校校長(一九一三年~一九二〇年)として 316
3 中国と医学 318
│3―1│ 駐清国公使館附医官として 318
│3―2│ 同仁会について 321
│3―3│ 「メディカル・ミッション」と中国ナショナリズム 322
4 言語問題の前線へ 326
│4―1│ ことばへの興味―ローマ字・カナモジ・エスペラント 326
│4―2│ 一九二八年の転機 330
5 中国の文字改革への興味 331
│5―1│ 中国文字改革関連論文リスト 331
│5―2│ 遅れる日本での紹介 338
│5―3│ 集大成としての『支那語のローマ字化をめぐって』 342
│5―4│ 「満語カナ」への反応―日中戦争後の論調の変化 344
6 医学用語統一への道 351
│6―1│ 医学界・国語愛護同盟のうごき 351
│6―2│ 日本医学会総会の決議とその後のうごき 356
│6―3│ 敗戦による断絶 362
│6―4│ 日中医学用語統一論 364
7 おわりに 371
【参考資料】 Atarasii Sina no Kokuzi, Rômazi no Mondai (新しい支那の国字、ローマ字の問題)(Simose Kentarô)『Rômazi Sekai』一八巻一二号、一九二八年一二月、八―一一頁(原文日本式ローマ字) 375
注 380

第八章 漢字廃止論の背景にみえるもの―敗戦直後の労働争議とからめて 391
1 はじめに―敗戦直後の漢字問題 391
│1―1│ 「漢字を廃止せよ」の文脈 391
│1―2│ 再開する国語審議会 393
│1―3│ 「国語民主化」をめぐる言説 394
2 「漢字を廃止せよ」と『読売報知』 396
│2―1│ 読売新聞と読売争議 396
│2―2│ 前後の社説 398
3 「漢字を廃止せよ」の内容 400
│3―1│ 民主化を阻害する漢字 400
│3―2│ 漢字の非能率と盲教育―日向利兵衛と平生釟三郎 401
│3―3│ 漢字と封建制と左翼ローマ字運動事件―高倉テルから片山睿へ 402
│3―4│ ローマ字採用論へ―アメリカ式能率と民主主義 406
│3―5│ 渡辺一夫の疑義 407
4 「漢字を廃止せよ」のゆくえ 409
│4―1│ 「民主読売」の論調 409
│4―2│ 第二次読売争議のあと 411
【付記】 412
注 414

第九章 スターリン言語学からみえるもの―民主主義科学者協議会編『言語問題と民族問題』をめぐって 419
1 はじめに 419
2 スターリン「言語学におけるマルクス主義について」 421
│2―1│ その内容 422
│2―2│ その反応 424
│2―3│ マルの受容 430
│2―3―1│ 戦前の場合 430
│2―3―2│ 一九五〇年のマル紹介 433
│2―3―3│ 例外的影響―唯物論的言語理論と大島義夫(高木弘) 437
3 模倣されるスターリン 440
│3―1│ 『言語問題と民族問題』 440
│3―2│ 石母田正論文について 442
│3―3│ 大島義夫論文について―転向しないソビエト言語学者 448
│3―4│ タカクラ・テル論文について―「生産者大衆」を信じた男 450
4 おわりに 452
注 456

終章 「やさしい日本語」がみおとしているもの 465
1 はじめに―社会変動と言語 465
2 語られない多言語社会 470
│2―1│ 移民社会論の問題 470
│2―2│ 多言語社会にとっての「やさしい日本語」 474
3 「やさしい日本語」は使われるのか 479
│3―1│ 公文書翻訳の問題 479
│3―2│ 「直ちに影響はない」ということ 481
│3―3│ 「日本語を知る」ということ 482
4 おわりにかえて 484
注 485

あとがき―初出一覧 489
著者略歴
安田敏朗(ヤスダトシアキ)
1991年 東京大学文学部国語学科卒業 1996年 東京大学大学院総合文化研究科博士課程学位取得修了。博士(学術) 現在 一橋大学大学院言語社会研究科教員 [著書]『植民地のなかの「国語学」』(三元社、1997)『帝国日本の言語編制』(世織書房、1997)『「言語」の構築』(三元社、1999)『〈国語〉と〈方言〉のあいだ』(人文書院、1999)『近代日本言語史再考』(三元社、2000)『国文学の時空』(三元社、2002)『脱「日本語」への視座:近代日本言語史再考Ⅱ』(三元社、2003)『日本語学は科学か』(三元社、2004)『辞書の政治学』(平凡社、2006)『統合原理としての国語:近代日本言語史再考Ⅲ』(三元社、2006)『「国語」の近代史』(中公新書、2006)『国語審議会』(講談社現代新書、2007)『金田一京助と日本語の近代』(平凡社新書、2008)『「多言語社会」という幻想:近代日本言語史再考Ⅳ』(三元社、2011)『かれらの日本語』(人文書院、2011)『日本語学のまなざし』(三元社、2012)『漢字廃止の思想史』(平凡社、2016)他共著など

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。