近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
四季折々に花を眺めて楽しむ。こうした日本ならではの自然特性を生かしたガーデニングについて記したのが『花壇綱目(かだんこうもく)』である。江戸初期に植栽技術を総合的に解説しており、世界最初のガーデニング書といわれている。
ガーデニングの成り立ち、発展を知るために江戸園芸の第一人者が、当時の植物や植栽技術を仔細に読み解き、考察。日本の風土に根ざしたガーデニングの楽しさ、奥深さの手がかりを具体的に示す。
目次
花壇綱目 序
花壇綱目 巻上  春の部 夏の部
花壇綱目 巻中  秋の部 冬の部 雑の部
花壇綱目 巻下  諸草可養土の事 諸草可肥事など
花壇綱目 植物集覧  春草の類 夏草の類など
江戸時代初期の園芸書をめぐって
ほか

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。