近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

日本生産性本部 生産性労働情報センター

日本型経営とコーポレート・ガバナンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
バブル経済崩壊後の長引く景気低迷を受け、日本企業が国際競争に勝てる体質に変化させるため、コーポレート・ガバナンス革命が叫ばれている。常に欧米と比較され、日本経済の成長阻害要因として遡上に上りつつも、いまだなお企業経営の中心でもある日本的経営とはどのようなものなのか。
本書は、日本的経営とコーポレート・ガバナンスについてはそれぞれの立場から様々な考え方があるが、T&Dホールディング前会長という経営者だった著者が、日本企業の経営に携わった者としての立場から纏められている。
伊藤忠の祖ともなった三方よしで知られる近江商人や江戸時代の商家の経営から紐とき、明治から昭和戦前、そして戦後の高度成長から平成不況まで、流れを追いながら解説してくれる。
近代経営史として、そしてこれからの日本的経営、コーポレート・ガバナンスとは何か示唆に富んだ一冊。
目次
1.序
2.江戸時代の商家・商人に見る「経営」
3.明治維新と大規模工業化
4.明治から昭和戦前の日本的経営
5.第二次世界大戦と戦後の企業経営
6.高度成長記の日本的雇用システム
7.安定成長期からバブル崩壊
8.平成不況における日本的経営の見直し
9.デフレ経済からの脱却と日本的経営
10.日本の課題と日本的経営
11.ニッポン一億総活躍プラン(日本の課題)
12.新たなコーポレート・ガバナンス・コードを求めて
13.おわりに

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。