近刊検索 デルタ

2017年10月31日発売

同成社

古代国家と北方世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
序―解題にかえて―                                  小口雅史 Ⅰ 北海道からさらにその北へ  オホーツク文化における鍛冶の精神的な意味                    天野哲也  北東アジアの葬墓制―円形周溝を伴う墓葬を中心として―              中澤寛将  コクシャロフカ8遺跡祭殿説の再検討―渤海の墓上建物から考える―         小嶋芳孝  七世紀の倭・日本における「粛慎」認識とその背景                 蓑島栄紀  流鬼国をめぐる試論                               中村和之  長澤盛至作製『東蝦夷地海岸図台帳』にみる地域情報の収集と表象         米家志乃布 Ⅱ 北緯四〇度以北の世界の実相  続縄文文化後半期の東北地方と北海道の関係について―土器群の時間的関係から―   小野裕子  青森平野における古代集落の様相                         木村淳一  古代北奥における集落・竪穴建物の動態について                  齋藤 淳  三重の壕をもつ北奥の古代集落―青森県外ヶ浜町山本遺跡―             関根達人  古代閇村に関する二、三の問題                          伊藤博幸  蝦夷とアイヌ語系地名                              八木光則  北奥地域における出土文字資料と蝦夷―青森県域の文字資料を中心として―      武井紀子 Ⅲ 律令国家の辺要支配の実相  鎮守府将軍と出羽城介についての基礎的考察                    永田 一  古代北方辺要国の統治システム―いわゆる「国司分担統治システム」についての覚書― 三上喜孝  渤海使の出羽来着について                           浜田久美子  鎌倉時代の津軽安藤氏と蝦夷統治                         大塚紀弘 あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。