近刊検索 デルタ

7月10日発売予定

刀水書房

スイスが問う日本の明日

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
スイス,ドイツ,東ティモールと転任。外交官の筆者がスイスについて語る。日本の進む道しるべとしてのスイス「開放型共同体」
目次
目次
はじめに
第一章 共同体
第二章 「開放型」共同体
第三章 スイス経済に見る開放型共同体
第一節 スイス経済の特色/第二節 スイスの人材育成
第四章 開放型共同体の危機
第五章 クオリティー・オブ・ライフの追及
第一節 シンプル/第二節 スイス人にとっての価値:クオリティー・オブ・ライフ
アメリカ文明とヨーロッパ文明の角逐/第三節 積極的な政治参加としてのクオリ
ティー・オブ・ライフ/国の規模
第四節 自然
第五節 歴史
あとがき
著者略歴
花田吉隆(ハナダヨシタカ)
1953年北海道生まれ,1977年東京大学法学部卒業。在スイス大使館公使,在フランクフルト総領事,在東ティモール特命大使,防衛大学校教授等歴任。現在,早稲田大学招聘研究員,清泉女子大学理事,日本国際平和構築協会副理事長。主著:『ポストアパルトヘイトの政治経済』『東ティモールの成功と国造りの課題』等

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。