近刊検索 デルタ

2018年1月22日発売

西村書店

蟬の交響詩

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
全体主義国家へと変貌した楽園シラケシュで、セリムは命を賭したヴァイオリン演奏に挑む。期待の新星セシェの音楽小説。
著者略歴
アンドレアス・セシェ(アンドレアスセシェ)
著者 アンドレアス・セシェ (Andreas Séché) 1968年、ドイツのラーティンゲン生まれ。大学で政治学、法学、メディア学を学ぶ。ジャーナリストであり、新聞社で働いた経験がある。ミュンヘンの科学雑誌の編集者を数年間つとめた後、デュッセルドルフ近郊にある故郷へ戻り、パートナーと田舎に暮らしながら小説を書いている。日本を頻繁に旅行し、東京、京都、日本文化に魅了される。作品は本書のほかに、『囀(さえず)る魚』『ナミコとささやき声』がある。
酒寄進一(サカヨリシンイチ)
訳者 酒寄進一 (さかより・しんいち) 1958年茨城県生まれ。和光大学教授・ドイツ文学翻訳家。 主な訳書にシーラッハ『犯罪』『罪悪』『コリーニ事件』『禁忌』『カールの降誕祭』、ノイハウス『白雪姫には死んでもらう』、グルーバー『月の夜は暗く』、ギルバース『ゲルマニア』、マイヤー『魔人の地』、イーザウ『盗まれた記憶の博物館』、ヘッセ『デーミアン』、セシェ『囀る魚』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。