近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

白光真宏会出版本部

神の満ちる星の話

五井先生が語った地球と人類の未来図
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
地球人類は完成に向かって
着々と塵あくたを削り取られ、祈りの光明のなかで
真理以外のものはやがてすべて消えてゆくー。
五井先生が語り説いたこの星の運命と
世界平和の祈りの秘密を、
一人の愛弟子が説き明かす。
目次
序文
序章   人類の大犠牲者
第1章  遠い星から来た者たち
第2章  ゆるしてくださるよ
第3章  食べることも神さまにまかせた
第4章  想いつづけに想う
第5章  輪廻転生と本体論
第6章  私を呼びなさい
第7章  悪がこの世にある理由
第8章  天意不変
第9章  生ききることだ
第10章 人類を生み出した言葉の源
第11章 神界との約束ー救世の大光明が輝くところ
第12章 自分をゆるし自分を愛す
終章   神意識
あとがき
著者略歴
高橋英雄(タカハシヒデオ)
1932(昭和7)年、東京に生まれる。高校在学中に肺結核を発病。それが機縁で五井昌久先生に帰依。1954年、白光真宏会の月刊誌『白光』創刊に携わる。以来、白光真宏会の編集・出版に従事、編集長、出版局長、副理事長を歴任し、1999年退任。著書に『如是我聞』正・続・続々、『師に傚う』、『生命讃歌』など。編著書に『武産合気(たけむすあいき)-植芝盛平先生口述』。今回の新刊は『五井せんせい』、『神のみ実在する』に続く「五井先生」3部作の最終作。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。