近刊検索 デルタ

2017年11月16日発売

白山書房

深田久弥と北海道の山

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著者は丸善社員として、戦後間もなく札幌の文学社から出版された深田久弥氏の『鎌倉夫人』を始め、その後も多くの著書の販売に携わってきた。ヒマラヤ登山ブームになると、深田氏は丸善東京本店から関連する海外の出版物の殆どを購入するなど、尊重すべきお客さまだった。北海道の山をあと幾つか一緒に登る予定だったが、氏の急逝によりそれは叶わぬ夢となる。本書は深田氏との交流とその追想を凝縮したものである。
著者略歴
高澤光雄(タカザワミツオ)
1932年江別町生まれ。丸善㈱札幌支店に勤務し、1992年に定年退職。 登山は、高校2年(1949)から始めた。1968年に札幌山の会設立に参加し登山に励む。日本山岳会、日本山書の会、日本山岳文化学会などの会員。 [著書] 『北海道の百名山』(共著) 『愉しき山旅』 『新日本山岳誌』(共著) 『大雪山讃歌』

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。