近刊検索 デルタ

2018年5月18日発売

農林統計出版

農村経済と伝統儀礼

サモアにおける生活維持システムの研究
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
独自の「豊かさ」をもつサモアの村落社会は、固有の価値観や社会制度、慣習などによって形成されている。本書では、その「豊かな」生活基盤が、浸透する貨幣経済とグローバル化の下でどのように維持されているか、克明な現地調査から描き出す。
目次
第1章 本研究の目的と背景  1.研究の目的と意義  2.研究の視座  3.本書の構成とデータの収集 第2章 拡大家族(アインガ)と村落共同体の構造と機能  1.はじめに  2.サモア社会の基本構造  3.アインガ内における生活形態  4.アインガの構造と機能  5.村落共同体の構造と機能  6.小括 第3章 家計構造の特徴  1.家計構造の全体像  2.階層分布からみる家計構造の特徴  3.現金支出の割合  4.家計構造についての事例分析  5.小括 第4章 労働力移動と送金経済  1.はじめに  2.労働力移動と送金経済  3.調査事例にみる移住と送金  4.小括 第5章 儀礼の構造と機能  1.はじめに  2.事例1:ウポル島S1村における葬式(2010年6月)  3.事例2:サヴァイイ島V村における葬式(2010年8月)  4.事例3:サヴァイイ島I村における葬式(2011年7月)  5.事例4:サヴァイイ島F村における教会落成式(2012年3月)  6.小括 第6章 生活維持基盤の構築-アインガTの事例を中心に-  1.はじめに  2.アインガTの構成  3.アインガTにおける生存維持基盤  4.アインガTにおける社会生活基盤の維持  5.小括 第7章 まとめ  1.本書の内容の整理  2.まとめ  3.おわりに
著者略歴
飯森 文平(イイモリ ブンペイ)
1983年生まれ。 2013年 東京農業大学農学研究科国際農業開発学専攻博士後期課程修了。 博士(国際農業開発学)。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。