近刊検索 デルタ

2018年4月15日発売

メディカルユーコン

きちんと治せる漢方を最短コースで学ぶための山本巌流漢方入門

基本病態と基本方剤と生薬
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「漢方がこれほどまでに効くとは思わなかった」と言わしめる山本巌流漢方。真摯に学び応用すれば目を見張るような治療効果を経験するという。
 その山本巌流漢方を最短コースで修得するための手順と方法を提示したのが本書である。
 山本巌流漢方の特長の一つは、そのシンプルさにある。事実に合わない理論や装飾は極力省いているため、山本巌流漢方の基礎は即実践になる。また土台の部分を固めていくことが応用力を身につけることに直結する。単に漢方がわかるとか漢方薬が使えるようになるとかいう次元ではない。きちんと治せる漢方を身に着けることができる。
 漢方の基本病態と基本方剤と生薬の理解を確かなものとする本書は、そんな山本巌流漢方の「扇の要」を学ぶための絶好の入門書である。
著者略歴
新井 吉秀(アライ ヨシヒデ)
漢方の道を志して38年.日本漢方から始まり古方,後世方,一貫堂,そして中医学の順に進み,志から10年目,山本巌著『東医雑録』に出逢い衝撃を受ける.そして1991年より第三医学研究会(現・山本巌流第三医学研究会)に所属し山本巌先生に師事,山本巌流漢方を実践する薬剤師として漢方相談薬局を営み,多くの難病患者の漢方相談に日々従事し現在に至る.

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。