近刊検索 デルタ

2018年4月30日発売

美学出版

家業という文化装置

金沢で考えること視えること
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
家業とは何か? 金沢の老舗企業を具体例として、その本質・理念、さらには課題や可能性を、異能のプロデューサーが説き明かす。 【「帯文」より】 家業とは、継承と革新がせめぎあう激烈な現場だ! 異能のプロデューサー・出島二郎が自らの生の足跡と重ねつつ描く、希有の「金沢と老舗企業の文化誌」。 ーー国際日本文化研究センター所長・文化人類学者 小松和彦 【「あとがき」より】 「私の問題意識は、何代も続く事業の秘訣のようなものを嗅ぎ出すことにあった。私自身がその経営活動に参画してきた家業もあり、あの時の判断は正しかったのか、という自省に苛まれることもあった。しかし、各社の現状を見るにつけ、互いに交感した言葉は生きていると確信したのである。その一つが、「家業は地域の文化装置」ということであり、まちづくりの主体は家業にあるということなのだ。」 【主な目次】 第一章 佃食品・佃煮から多様な展開 第二章 加賀麩不室屋・ふの字の小宇宙 第三章 福光屋・純米蔵宣言二〇〇一 第四章 浅田屋・変貌する老舗 第五章 髙木糀商店・東雲の花街 第六章 丸八製茶場・焙茶の再構築 第七章 家業とまちづくりと
著者略歴
出島 二郎(デジマ ジロウ)
プロデューサー。一九四四年、石川県生まれ。 「フードピア金沢」(金沢市)、「能登国際テント村」(七尾市)、「北近江秀吉博覧会」(長浜市)、「湖国21世紀記念事業」(滋賀県)、「江・浅井三姉妹博覧会」(長浜市)などに参画。金沢、七尾、長浜などで家業の勉強会を開催、また加賀市のアドバイザーを務めるなど、まちづくりと地域企業のマーケティング戦略に取り組む。研究テーマは「家業の継承と再生」。 著書に、『福正宗物語』(編著・福光屋)、『鶴見和子の世界』(共著・藤原書店)、『祭りとイベント』(共著・小学館)、『長浜物語 ――町衆と黒壁の十五年』『その後の長浜2003〜2013』(NPO法人まちづくり役場)、『地域の遺伝子をみがく』(共著・蒼天社出版)、『他と異なることを怖るるなかれ ――奥村善久博士の軌跡を読む』(編著・金沢工業大学)、『加賀棒茶の誕生 ――戦略転換のシナリオ』(丸八製茶場)などがある。 出島二郎事務所主宰。金沢工業大学非常勤研究員、(財)何必舘・京都現代美術館理事。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。