近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
正弦波交流電気回路に特有のフェーザという概念の理解と、それを基盤とする交流回路理論の基礎を修得できるよう各章に対応した付録を設け、そこに定理の証明、各種の具体的かつ実利的な応用例を豊富に盛り込み、実践に役立つ能力を十分養えように配慮した教科書・参考書。
目次
第1章 直流回路の復習
第2章 交流回路素子とその性質
第3章 フェーザ
第4章 インピーダンス・アドミタンス・極座標形式
第5章 交流回路の直並列接続
第6章 交流電力
第7章 共振回路
第8章 相互インダクタンスとトランス
第9章 回路の方程式
第10章 回路に関する諸定理
第11章 二端子対網の行列表現
第12章 過渡現象の基礎
付録
著者略歴
白藤 立(シラフジ タツル)
大阪市立大学大学院工学研究科教授 博士(工学)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。