近刊検索 デルタ

4月12日発売予定

まむかいブックスギャラリー

OKバジ ネパール・パルパの村人になった日本人

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「OKバジ」こと垣見一雅さんは、24年前からネパール・ルンビニ州パルパ郡のドリマラ村に住み、周辺にある200以上の山村を、毎日毎日歩いて巡り、村人たちの話に耳を傾け、村人が本当に欲している、命にかかわる支援を続けています。

ドリマラ村は当時から、水道や電気、ガス、学校、病院、道路、かんがい用水などが十分になく、村人たちが自立するための資金や支えを必要としてきました。

この本は、そんなバジの24年にわたるとりくみを、日本で応援している約3000人・団体のひとつ「ネパール応援団 ブッダの目」のメンバーがまとめた、OKバジの活動の記録です。

1章では、バジがサチコールという村で、村人たちと一緒に水場を作りあげるまでを、絵ものがたりにしました。

2章では、バジがパルパの村人たちと一緒に、よりよい村にしていこうと奮闘してきた数々の支援を、写真や資料とともに紹介しています。

バジがつくりあげてきた草の根の支援のありかたは、ネパールの村と同じように、命にかかわる支援を必要としている国・地域で、共有できるのではないか。著者と製作チームはそのような思いで一致し、この本をつくりました。

子どもたちに読んでもらえるよう、わかりやすい内容、表現を心がけてつくりました。

世界が人々の暮らしがよりよくなるよう、ひとりでも多くの人が、とくに若い人々や子どもたちが、各自ができる国際支援活動に、関心を寄せてもらえるとうれしいです。
目次
はじめに

1章 絵ものがたり アマコパニ かあさんの水

2章 ネパール・レポート OKバジとパルパの人々
・ヒマラヤの厳しい自然と共存するネパール
・OKバジが活動する地域 パルパ郡の暮らし
・東京の高校教師から、パルパのOKバジに
・村人の命を守り、自立をうながす支援
・水は命の源 乾季も村で水が使えるように
・かんがい用水地の水で、野菜を育て魚を養殖
・村の発展を願い、学校を建て、教育を支援
・病院との連携を図り、ヘルスポストを設置
・米基金やマイクロファイナンスで自立支援
・支援を続け、いつしかパルパの村人になった
・バジに惚れて、バジの支援を支える人々
・バジはネパールと日本をつなぐパイプ

バジからのメッセージ 今思うこと

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。