近刊検索 デルタ

2018年6月14日発売

樹林舎

写真アルバム 橋本・紀の川・岩出・伊都の昭和

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
和歌山県北部を流れる紀ノ川の恩恵を受けて栄えてきた伊都・那賀地方。
その昭和時代の写真を収集し、1冊のアルバムにまとめました。
紀ノ川での遊泳風景、大和街道沿いの街並み、黒潮国体、思い出の学び舎など収録枚数は600枚を超える圧巻のボリュームです。
弘法大師・空海が開創した「高野山」、那賀地方に残る「移民の歴史」、日本人女性で初めてオリンピック金メダリストとなった「前畑秀子」など、特色ある項目はフォトコラムとして取り上げました。
目次
・目次
巻頭カラー 色彩の記憶──カラー写真でたどる郷土の昭和
1 昭和の幕開き
 フォトコラム 那賀地方から米国へ〜海外移民の先駆け〜
 フォトコラム 前畑がんばれ!前畑がんばれ!
2 戦時下の日々
 フォトコラム 戦前・戦中の学校と教育
3 心に残る街並み
 フォトコラム 建物・寺社
4 暮らしのワンシーン
 フォトコラム 紀ノ川とともに生きる
5 戦後の出来事
 フォトコラム 黒潮国体
 フォトコラム 台風銀座
6 変わりゆく風景
7 交通の変遷
 フォトコラム 昭和を駆けた車両たち
8 祭りや伝統行事
 フォトコラム 霊峰・高野山
9 戦後の学校
著者略歴
瀨崎 浩孝(セザキ ヒロタカ)
〈監修〉 瀨崎 浩孝(元橋本市文化財保護審議会委員長・元橋本市郷土資料館館長) 〈執筆・編集協力〉 池田 和夫(高野口文化財研究会会長・元和歌山県文化財保護指導員) 岩鶴 敏治(地方史家) 梅田 律子(那賀移民史懇話会代表) 大井 一成(紀の川市文化財保護委員) 尾﨑 凖一郎(元九度山町文化財保護審議会委員) 北森 久雄(フォトライター) 木下 浩良(高野山大学総合学術機構課長) 下村 克彦(前かつらぎ町教育長) 高崎 正紀(元橋本市職員) 三島 英雄(元橋本市文化財保護審議会委員) 宮本 佳典(橋本市文化財保護審議会委員) 森本 宏(社会保険労務士・行政書士)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。