近刊検索 デルタ

2017年9月15日発売

人間社

古代諏訪とミシャグジ祭政体の研究

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【本書の内容】 地母神の村・序説:野本三吉 「ミシャグジ祭政体」考:北村皆雄 蛇体と石棒の信仰:宮坂光昭 縄文中期における宗教的遺物の推移:宮坂光昭 御作神:今井野菊 洩矢祭政体の原始農耕儀礼要素:田中基 御社宮司の踏査集成:今井野菊 《文庫版特別収録》御左口神祭政の森(上):聞き手・古部族研究会、語り手・今井野菊
著者略歴
古部族研究会(コブゾクケンキュウカイ)
古部族研究会 編 著者 今井野菊 北村皆雄 田中 基 野本三吉 宮坂光昭 著者略歴 古部族研究会は、当時「季刊どるめん」編集長だった田中基、人類学・民俗学の映像作家として活動していた北村皆雄、寿町で生活相談員を務めていた野本三吉の3人が結成した諏訪信仰の研究グループ。1974年に諏訪の研究者・今井野菊を訪ねて1週間泊まり込みで教えを乞うた伝説の合宿で本格的に始動し、「日本原初考」三部作を発表した。 第1巻となる『古代諏訪とミシャグジ祭政体の研究』では、古部族研究会の3人のほか、今井野菊と考古学者・宮坂光昭を執筆陣に加えている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。