近刊検索 デルタ

2017年9月10日発売

アスク・ヒューマン・ケア

季刊ビィ! 128号

依存症・AC・人間関係…回復とセルフケアの最新情報
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
季刊『Be!』は依存症・アダルトチルドレン・共依存・トラウマ・発達障害などさまざまな課題を抱えて生きる人と、援助者のための雑誌です。 ◆特集 生きづらさの根っこは[恥(シェイム)]だった!  依存症・摂食障害・トラウマや、ACの課題を抱えた人にとって、核となる感情が[恥(シェイム)]。  痛みをともなうテーマなので、あえてマンガ入りで解説します。  【PART1】[恥]は基本の感情  【PART2】[恥]の破壊力  【PART3】トラウマ・依存症と[恥]  【PART4】私は私でいい!  【PART5】読者の体験  [恥]のセルフチェック&解説/臨床で扱う[恥]マニュアル ◆インタビュー 永田龍太郎さん  昨年、新聞にこんな見出しがあった。  「渋谷区の新任課長、LGBT当事者の視点生かす」  課長に就任したのは、永田龍太郎さん。  有名ファッションブランドGAPの元社員で、自らもゲイを自認している。  渋谷区は2015年に同性パートナーシップ制度を含む「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」を制定するなど、LGBTに関する施策については先駆的な存在だ。  その施策を担当する永田さんがたどってきた道のりとは――。 ◆アルコール依存症家族が描く漫画エッセイ  『酔うと化け物になる父がつらい』著者に聞く   ネット上で話題沸騰の漫画エッセイ。著者の菊池真理子さんに、連載開始までの背景や家族としての思いをうかがった。 ◆連載 ギャン妻「秘伝」! 依存症家族が生きのびる知恵  第2回 どうする? 夫が生活費をよこさない!  ……そんなとき役立つ「婚姻費用分担請求」のやり方について、「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子さんが具体的に解説。 ◆ナースが考案! 『回復ノート』を使った個人プログラム  一般精神科病棟で、どうしたら断酒につなげられる?  専門病棟をもたない一般精神科病院で、ナースが考案した個人プログラムが画期的な成果を挙げている。  アルコールの患者はどうしても「対応が難しいやっかいな患者さん」と敬遠されがちだが、いつしかナースたちにとって「関わった分の手応えが返ってくる患者さん」に変わっていた。 ◆アルコール依存症の回復にたちはだかる「記憶の空白」 後編  看護師として40年以上にわたり依存症からの回復に立ち会ってきた、世良守行さんの特別寄稿。外来患者の調査では、2割の患者に1年以上の記憶の欠落があり、なんと10年以上の記憶欠落も稀ではなかった。  ……こうした人生の空白は、断酒し回復を始めるにあたって、どんな影響をもたらすのか。後編では家族の心情も含め、実感たっぷりに綴る。
目次
《特集》  生きづらさの根っこは〔恥(シェイム)〕だった!   依存症・摂食障害・トラウマや、ACの課題を抱えた人にとって、核となる感情が[恥(シェイム)]。   痛みをともなうテーマなので、あえてマンガ入りで解説します。   【協力】岩壁茂  PART1 〔恥〕は基本の感情  PART2 〔恥〕の破壊力  PART3 トラウマ・依存症と〔恥〕  PART4 私は私でいい!  PART5 読者の体験   ▼〔恥〕のセルフチェック&解説   ▼臨床で扱う〔恥〕マニュアル 《インタビュー》  永田龍太郎さん   ずっと、緩やかな「臨戦態勢」だった 《トピック》  ◆アルコール依存症家族が描く漫画エッセイ   『酔うと化け物になる父がつらい』著者に聞く   【菊池真理子】  ◆薬物依存とその回復を家族の立場から描いた衝撃作!   映画 まっ白の闇  ◆基本法NOW   厚労省の依存症対策「実施要項」   あなたの地域は? 病院は?  ◆ナースが考案! 『回復ノート』を使った個人プログラム   一般精神科病棟で、どうしたら断酒につなげられる?   【毛利恵理】  ◆特別寄稿   アルコール依存症の回復にたちはだかる「記憶の空白」   【世良守行】   後編:本人の不安、そして家族の怒りと情けなさ 《連載》  ◆ギャン妻「秘伝」!依存症家族が生きのびる知恵   第2回 どうする? 夫が生活費をよこさない!   【田中紀子】  ◆依存症回復者に聞く   酒・薬・ギャンブルをやめて変わったもの・変わらないもの  ◆アートセラピーの世界10   相反する二つの願望・・・ダブルバインド   【安齋圭清イボンヌ】  ◆「老いの断酒学」(23)   「機能不全家族」の世代連鎖(2)   【小林哲夫】  ◆うえだのぶ の連載エッセイ6   お芋と青春  ◆TRUE COLORS JAPANファシリテーター☆リレーエッセイ17   看護師長の「いいね!」が伝わらなかった理由   【水野加奈美】  ◆アサーティブに生きれば、なんとかなる!!   [26・最終回]変わる覚悟は   【中野満知子】  ◆ぷるすあるはが贈る《イラストコラム》(4) ◆読者のページ/ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)のアクション/イベント・データ/ビィ用語集

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。