近刊検索 デルタ

2018年2月28日発売

五月書房新社

サイコロを使った実占・易経 新装版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
“本格的に学べる" “最適な入門書"として、1990年の初版以来、長く定評を得てきた名著の新装版。 原典「易経」の全内容を忠実に、しかも易占いを正確にするためにできるだけ詳しく解説。 筮竹なしで占える方法(サイコロ)も紹介、より身近に易経に接することができる。 *“易"とは何か *易の起源とその作者 *「易に三義あり」 *どのようにして八卦はできたのか? *八卦に秘められている意味とは? *卦変活用法と先天図・後天図 *大成六十四卦と易の基礎用語 *筮竹なしでできる占いの方法 *六十四卦の解説と占考〔上経・下経〕
著者略歴
立野 清隆(タテノ キヨタカ)
1925年、千葉県に生まれる。元慶應義塾大学文学部教授。西洋哲学専攻のほか、東洋哲学(中国哲学・印度哲学)研究の一環として、易学(周易)、断易、四柱推命学、気学、宅相、墓相、印相、人相、手相、姓名判断などを修得。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。