共和国 我が社の一冊 2016

  • 燃えるキリン  黒田喜夫 詩文撰
  • 黒田 喜夫
  • 共和国
  • 978-4-907986-25-4
  • 出版社からのおすすめコメント
    自社の本から1冊となると、どうしても選ぶことができません。どの本にもそれぞれに思い入れがあり、これまでもこの手の企画やお誘いはすべて断念してきました。が、あえて選ぶとすれば、「(ことし最初の)わが社の本」。何を隠そうこの本は、奥付の発行日が「2016年1月1日」なのです。 本書は、戦後史/詩上もっとも重要な詩人のひとりである黒田喜夫の、没後30余年にして初のアンソロジー。社会的底辺や「辺境」からこの日本を撃つというその視座は、3・11後の状況下でますます輝きを放っています。掲載資料の収集から編集まで、熱に浮かされたように一気に編みました。ぜひ手にとって、かれの作品から何かを感じてください。
  • 内容紹介
    おかあさん革命は遠く去りました 革命は遠い沙漠の国だけです——「毒虫飼育」 ぼくは掟なんか欲しくない 燃えるキリンが欲しいだけ——「燃えるキリン」 何からおれの名を除くというのか 革命から? 生から? おれはすでに名前で連帯しているのではない——「除名」 いや、それでもわれわれは、あくまでもじぶん自身の内なる飢えた子供のためにだけ書く。そして、そうすることで、私はいずこかの飢えた子供の存在も発見しようとするだろう。——「飢えた子供に詩は何ができるか」
  • http://www.ed-republica.com
燃えるキリン  黒田喜夫 詩文撰
21世紀の豊かさ
柳家喜多八膝栗毛
沸点
ワセダ発! ぶつかる社会連携
貧困の現場から社会を変える
リノベーションプラス 拡張する建築家の職能
金子國義スタイルブック
シュタイナー・リズミカルアインライブング
RIVER‐WALK First Issue
性と生の支援 
オキナワ島嶼戦争
社会の中で居場所をつくる : 自閉症の僕が生きていく風景
妖怪・憑依・擬人化の文化史
芸能人寛容論
いま、漱石以外も面白い
森卓也のコラム・クロニクル1979-2009
デスメタルインドネシア
くままでのおさらい(手製本特装版)
ディズニー・ミュージック
川原慶賀の「日本」画帳
震災と保育 1
あたらしい憲法草案のはなし
ももクロを聴け! ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説
人口の心理学へ
RIDING SUN
新書漢文大系 37 史記〈列伝四〉
香月泰男 黒の創造
パスポート学
快速マスター中国語
ながいながいみち
幸せを声にのせて 今日も明日もアナウンサー
珈琲焙煎の書
ねこのほそみち
みちくさ発見伝
キューバ革命 1953~1959年
草獅子 vol.1
苦海浄土 全三部
勉強しなければだいじょうぶ改訂版
時間と死――不在と無のあいだで
負債論
イリオモテヤマネコ 狩りの行動学
「慰安婦」問題の現在
ホッケースティック幻想
日本の素敵なオーベルジュ