青弓社 我が社の一冊 2017

  • 国家がなぜ家族に干渉するのか
  • 本田 由紀 + 伊藤 公雄
  • 青弓社
  • 978-4-7872-3421-6
  • 出版社からのおすすめコメント
    「朝日新聞」や「週刊金曜日」などで書評が載り、増刷しました。現政権の家族政策の問題点――性別役割を固定化する伝統的な家族への回帰を、家庭教育支援法案、親子断絶防止法案、自民党の憲法改正草案(24条改正)などの法案や各自治体の官製婚活などを事例に検証します。各法案は今後も議論されますが、基本的な論点を押さえるのにも役立ちます。
  • 内容紹介
    政府が「女性の活躍」を華々しく謳う一方で、家庭教育支援法案、親子断絶防止法案、自民党の憲法改正草案(24条改正)、改正教育基本法など、女性の権利を制約したり、家族のあり方や性別役割を固定化しようとする法律や法律案が議論され、それらを成立させようとする動きが顕著になっている。また、内閣府の婚活支援や各自治体の官製婚活も活発化しているのが現状である。 個人の権利を制限する一方で、「家族・家庭」や「個々人の能力・資質」までも共同体や国家に組み込むような諸政策の問題点の核心はどこにあるのか。 他方で、家族や子育て、性的マイノリティを支援する社会制度の設計は喫緊の課題である。国家の過度な介入を防ぎながらどう支援を実現していくのかを、家族やジェンダー、福祉、法学の専門家がそれぞれの立場から縦横に論じる。日本の右傾化を問ううえでも重要な一冊。 執筆者 本田由紀/二宮周平/千田有紀/斉藤正美/若尾典子/伊藤公雄 (以上、執筆順。敬称略)
  • https://www.seikyusha.co.jp/
国家がなぜ家族に干渉するのか
芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活
映画は文学をあきらめない
武術家、身・心・霊を行ず
湯殿山の哲学
芸術論
ワインの香り
西表島探検
戦う姫、働く少女
いつか来る季節 名古屋タクシー物語
キャリバンと魔女
飯場へ
失われたドーナツの穴を求めて
社会問題としての教育問題
世界のすべての朝は
図書の修理 とらの巻
わしの研究
わけあり記者
旬缶クッキング
思いを育てる、自立を助ける
吹奏楽の神様 屋比久勲を見つめて
東京 わざわざ行きたい街の本屋さん
日本国憲法の制定過程
大阪ソースダイバー
完本 春の城
中国遊園地大図鑑 中部編
TOEIC® L&Rテスト正攻法で攻めるパート7読解問題