スタイルノート 我が社の一冊 2016

  • ディズニー・ミュージック
  • 谷口 昭弘
  • スタイルノート
  • 978-4-7998-0153-6
  • 出版社からのおすすめコメント
    2016年の1冊! さまざまな角度から「これこそ」と言える本が何冊もある恵まれた年になりました。悩んだあげくに、やはり実売数でも話題性でも群を抜いていたのが、この本ということで選びました。音楽からアプローチするディズニー関連書は珍しいそうです。装幀にもちょっと凝ってみました。ぜひ読んでみてください。
  • 内容紹介
    本書では、1928年から2013年までのディズニーのアニメ映画(ピクサー制作含む)で使われている音楽を徹底的に分析。論文ではなく、誰にでも読みやすく書かれており、ディズニー映画の歴史を知る読み物としても楽しめる。ウォルト・ディズニーが制作した初のトーキー・アニメ映画『蒸気船ウィリー』から『アナと雪の女王』、ピクサー制作の『モンスターズ・ユニバーシティ』まで、70作以上の映画音楽について詳細に解説。ウォルトがどのように音楽と出会い、いかに音楽を重要視していたかがよくわかる。その音楽がそのシーンで使われるに至ったエピソードなども紹介。軽い裏話から、音楽形式からの分析や和声進行からの専門的な分析、当時の情勢なども分かりやすく紹介されている。さらには、ディズニー映画で使われた革新的な技術の数々も解説。例えば、音楽に合わせて歩くシーンなどはどうやって作っていたのか。キャラクターの動きに合わせて音が出るという手法を考え出したのは何がきっかけだったのかといったことも解説されている。本書を読むことで、ディズニー映画にとって音楽がどれほど大切でどれほど重要視されているかがわかる。豊富な参考文献や、詳細な索引も付した。カバー装画は、三越が発行する『GINZA STYLE』の表紙画や、『シンデレラの告白』(角川春樹事務所)、『美食倶楽部』(文藝春秋社)等のカバー装画で知られる、長谷川洋子氏。
  • http://www.stylenote.co.jp
ディズニー・ミュージック
RIDING SUN
「慰安婦」問題の現在
くままでのおさらい(手製本特装版)
時間と死――不在と無のあいだで
草獅子 vol.1
珈琲焙煎の書
妖怪・憑依・擬人化の文化史
性と生の支援 
オキナワ島嶼戦争
新書漢文大系 37 史記〈列伝四〉
あたらしい憲法草案のはなし
震災と保育 1
ホッケースティック幻想
社会の中で居場所をつくる : 自閉症の僕が生きていく風景
みちくさ発見伝
日本の素敵なオーベルジュ
シュタイナー・リズミカルアインライブング
いま、漱石以外も面白い
ワセダ発! ぶつかる社会連携
芸能人寛容論
ねこのほそみち
川原慶賀の「日本」画帳
人口の心理学へ
勉強しなければだいじょうぶ改訂版
RIVER‐WALK First Issue
香月泰男 黒の創造
幸せを声にのせて 今日も明日もアナウンサー
デスメタルインドネシア
キューバ革命 1953~1959年
森卓也のコラム・クロニクル1979-2009
ももクロを聴け! ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説
負債論
金子國義スタイルブック
21世紀の豊かさ
沸点
イリオモテヤマネコ 狩りの行動学
リノベーションプラス 拡張する建築家の職能
パスポート学
快速マスター中国語
ながいながいみち
燃えるキリン  黒田喜夫 詩文撰
貧困の現場から社会を変える
苦海浄土 全三部
柳家喜多八膝栗毛