水曜社 我が社の一冊 2017

  • 映画は文学をあきらめない
  • 宮脇 俊文
  • 水曜社
  • 978-4-88065-402-7
  • 出版社からのおすすめコメント
    小説を映画化する際、原作者の意図をどのように読み解き、そぎ落とし付け加えるのか。そして映画化の後、原作の読み解きかたはどう変わって行くのか。原作と翻案である映画の相関関係を考察し、作品世界の新たな魅力と見方が変わる一冊。篠田正浩、山田太一の最新インタビュー掲載。第2章「日の名残り」カズオ・イシグロ。
  • 内容紹介
    ハリウッドがもしサリンジャーの短編を芸術的なものに仕上げていたら事態は違っていただろう。ただ単に原作からインスピレーションを得ただけの、安易なシナリオによる小説の映画化は原作者へのある種の冒涜であることは否定できない。そこには原作の精神(スピリット)が残されていなければならない。(本書イントロダクションより) 翻案(アダプテーション)とは何か。 それはひとつの物語からもう一つの物語を作り出すこと。そうしてできあがったものは独立した作品である。 それでは、小説を映画に翻案するというのはどういうことなのか……。 小説を映画化する際に、監督は原作者の意図をどのように読み解き、いかにそぎ落とし、また付け加えるのか。そして映画化の後、原作の読み解きかたはどう変わって行くのか。 本書は原作とその翻案である映画の相関関係を考察することにより、作品世界の新たな魅力と見方が変わる一冊。 篠田正浩、山田太一のインタビュー掲載。
  • http://suiyosha.hondana.jp/book/b251158.html
映画は文学をあきらめない
旬缶クッキング
思いを育てる、自立を助ける
わしの研究
飯場へ
社会問題としての教育問題
図書の修理 とらの巻
完本 春の城
湯殿山の哲学
いつか来る季節 名古屋タクシー物語
ワインの香り
芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活
国家がなぜ家族に干渉するのか
西表島探検
戦う姫、働く少女
TOEIC® L&Rテスト正攻法で攻めるパート7読解問題
日本国憲法の制定過程
芸術論
吹奏楽の神様 屋比久勲を見つめて
武術家、身・心・霊を行ず
失われたドーナツの穴を求めて
キャリバンと魔女
東京 わざわざ行きたい街の本屋さん
世界のすべての朝は
中国遊園地大図鑑 中部編
わけあり記者
大阪ソースダイバー