アトリエM5 我が社の一冊 2016

  • みちくさ発見伝
  • 宮本 和義
  • アトリエM5
  • 978-4-990562-32-8
  • 出版社からのおすすめコメント
    建築や石仏、民間信仰、集落など、日本の面白きもの美しきもの明日に伝えたいものを集めた写真集です。旅する写真家、宮本和義さんが長年撮り続けた中から選び抜いたものたちです。宮本さんのコメントやミニ解説もついています。迫力満点の道祖神、今にも動き出しそうな筋肉隆々の力士像、ちょっと可愛い鬼さんなどなど。路傍にあったり、暮らしの近くで大切に継承されているので、多くは近くで見ることができます。写真で楽しんだ後は、この本を片手に人生の「みちくさを食う」旅をしてみたくなってもらえると嬉しいです。
  • 内容紹介
    「皆さんは御存じでしょうか、こんな日本を・・・」 近年旅の形は、従来の有名観光地型から離れた個性的な旅に変化しているといわれます。 日本各地には、多くの人が認識していない様々な素晴らしい伝承の姿があります。 それらを訪ねる人々が増え、外国人も訪ねているようです。新しい旅の姿です。 民俗の形の多くは庶民信仰に関するものたちです。 本書は今、人々が興味を持ち始めた「習俗のかたち」を追って旅した写真家の記録です。 そこに捉えられたものは見る人の好奇心を揺さぶる、初めて見るような姿ばかりです。 「一頁目から最後まで一気に見たくなる一冊」です。
  • http://atelier-m5.net/
みちくさ発見伝
パスポート学
RIDING SUN
幸せを声にのせて 今日も明日もアナウンサー
人口の心理学へ
21世紀の豊かさ
キューバ革命 1953~1959年
リノベーションプラス 拡張する建築家の職能
日本の素敵なオーベルジュ
金子國義スタイルブック
イリオモテヤマネコ 狩りの行動学
燃えるキリン  黒田喜夫 詩文撰
ワセダ発! ぶつかる社会連携
珈琲焙煎の書
社会の中で居場所をつくる : 自閉症の僕が生きていく風景
デスメタルインドネシア
あたらしい憲法草案のはなし
芸能人寛容論
負債論
RIVER‐WALK First Issue
森卓也のコラム・クロニクル1979-2009
新書漢文大系 37 史記〈列伝四〉
シュタイナー・リズミカルアインライブング
香月泰男 黒の創造
妖怪・憑依・擬人化の文化史
川原慶賀の「日本」画帳
ながいながいみち
ホッケースティック幻想
くままでのおさらい(手製本特装版)
苦海浄土 全三部
性と生の支援 
ディズニー・ミュージック
貧困の現場から社会を変える
沸点
いま、漱石以外も面白い
快速マスター中国語
震災と保育 1
勉強しなければだいじょうぶ改訂版
時間と死――不在と無のあいだで
ねこのほそみち
ももクロを聴け! ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説
オキナワ島嶼戦争
草獅子 vol.1
「慰安婦」問題の現在
柳家喜多八膝栗毛