ブリコルール・パブリッシング 我が社の一冊 2017

  • 大阪ソースダイバー
  • 堀埜浩二 + 曽束政昭
  • ブリコルール・パブリッシング
  • 978-4-9908801-3-2
  • 出版社からのおすすめコメント
    中沢新一先生の『大阪アースダイバー』への地元・大阪からのオマージュとして、お好み焼や串カツ、地ソースなど、関西の下町が育んだ食文化であるソースを補助線に、下町のエートスを見つめ直した一冊。大阪・神戸・京都のお好み焼と串カツの名店、地ソースの工場を巡りつつ、関西の下町のエートスに迫る奇書。
  • 内容紹介
    大阪の街を地政学的に俯瞰し考察したあの名著への、地元・大阪からのナナメ45°のオマージュ。 褐色のソースが映し出す、下町の味の記憶と人間味あふれる情景へ、いざダイブ!  明治の文明開化の頃にわが国にもたらされたウスターソースは、明治の後半に洋食とともに普及しました。  かつてソースは洋食文化とともに「ハイカラな贅沢品」として慣れ親しまれ、戦後、お好み焼や串カツといったメニューの広まりとともに、関西の下町ではソースはなくてはならない「庶民の味」となりました。昭和の往時、関西人の食卓にはいつもウスターソースがありました。  時を経て、日本人の食文化の多様化や簡素化、個食化とともに、ウスターソースは今や「ノスタルジー」な懐かしの味ともなりつつあります。  本書では、お好み焼きと串カツの名店41店のある大阪・神戸・京都の下町を巡り、下町とソースの蜜月を探訪するとともに、地ソースメーカーの工場への潜入や関西の代表的な地ソース21社33品の徹底比較などを通して、関西の下町文化が育んだソースの軌跡を見つめ直し、「下町とソースの真実」を解明。  褐色のソースの向こうで巡り合ったのは、人間味あふれる下町の風景と記憶の味、そして「下町のエートス」とでした。  褐色のソースが映し出す、「ソースにまみれた下町の日常」の味と思考の旅へ、いざダイブ! ◎本書より ソースから眺める、あの頃の下町/お好み焼な街を往く/大阪ソースダイバー グラフィティ/関西 地ソースカタログ〜関西の地ソースだよ! 全員集合/地ソースメーカーの工場を訪ねて/串カツと下町/ソースと下町のパースペクティヴ  掲載エリア 【大阪】梅田、難波、西九条、千鳥橋、天満、京橋、緑橋、鶴橋、桃谷、今里、住道、布施、     新世界、天下茶屋、花園町、鶴見橋、岸里、玉出、堺東、岸和田  【神戸】長田、生田川、阪神住吉  【京都】東九条・七条
  • http://www.bricoleur-p.jp
大阪ソースダイバー
日本国憲法の制定過程
戦う姫、働く少女
完本 春の城
わしの研究
わけあり記者
ワインの香り
TOEIC® L&Rテスト正攻法で攻めるパート7読解問題
映画は文学をあきらめない
中国遊園地大図鑑 中部編
旬缶クッキング
図書の修理 とらの巻
飯場へ
失われたドーナツの穴を求めて
芸術論
社会問題としての教育問題
武術家、身・心・霊を行ず
キャリバンと魔女
湯殿山の哲学
思いを育てる、自立を助ける
西表島探検
芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活
東京 わざわざ行きたい街の本屋さん
吹奏楽の神様 屋比久勲を見つめて
世界のすべての朝は
国家がなぜ家族に干渉するのか
いつか来る季節 名古屋タクシー物語