シネシネナンデダ日記

高島利行

本書の「あとがき」より

 つらつらと書きためていた雑記を本にすることが決まってからここまでの間に離婚しました。ある日、家に帰るとハンコを押した離婚届と離婚させてくれという手紙が置いてあったのです。妻の意思は非常に固く翻意をうながすのはかないませんでした。

バツイチになりました

 不本意ながら期せずしてバツイチとなってしまいました。妻が離婚したかった本当の理由はわかりません。わからないのが理由なんだと、妻、いや、元妻からは言われそうです。でも、本当にわからないのです。

本を出すリスク

 本にする気はないかと第三書館の北川さんから電話をいただいたのが2021年6月、ありがたいお話です。断る理由もありません。実名を出すことで起こる諸々については北川さんから何度も念押しされました。それもこれも承知の上での書籍化です。

「このヒト、本当に不幸だな」

 原稿の見直しは妻も積極的に手伝ってくれました。タイトルも半分は妻のアイデアです。原稿を何度も読み返す度に「このヒト、本当に不幸だな」と認識したそうです。それが離婚の理由かどうかはわかりませんが。

シネシネナンデダ日記
高島利行
978-4-8074-2102-2
2021年12月
在庫あり
出版社による内容紹介:
統合失調症は糖尿病とあまり変わらない程度の罹病率を持つ“ありふれた病気”である。しかし、罹病者の家族・周囲にとっては、とほうもない負担・困難を患者と共に背負い続け、生涯を傾けざるを得ない非常に稀な特徴に満ちた病気である。 中堅出版社勤務の著者は、妻と十代の娘一人のあたたかいマイホーム暮らしだったが、娘の発病で一変した。真夜中にあらん限りの大音声で、「死ね、しね、シネ、SHINE,SSSHHHIIINNNEEE‼‼」と叫びたてる。おらび上げる。町内中に響き渡る娘の声。 平穏無事を絵に描いたような、静かで、未来性に満ちた穏やかな生活が、一夜にして、奈落の底に急転落してしまう。一家離散の一大椿事の卵は、あなたの、私たちのすぐそばに、落ちているのだ。 出版業界 話題沸騰!
関連書籍

ザ・基次郎 梶井基次郎全一冊

梶井基次郎/著

ISBN978-4-8074-8510-9

在庫僅少

ザ・全一冊日記

梶井基次郎(1901―32)は、三高在学中から肺を病み、東大英文科を中退。病と闘いながら同人誌に「檸檬」「城の...


「閉鎖病棟」日記

浜崎一郎/著

ISBN978-4-8074-9920-5

在庫あり

精神疾患日記

「ここは天国かもしれない」。上げ膳据え膳、手とり足とり、かゆいところに手がとどく。人間関係、リストラなどで悩む...


愛しき五星ビール

富田和明/著

ISBN978-4-8074-9015-8

在庫僅少

アジア日記

1989年6月4日天安門事件。民主化運動の高揚、戒厳令とめまぐるしく変わる中国情勢。88―89年の間、天安門事...


豆満江に流る

富田和明/著

ISBN978-4-8074-9358-6

在庫僅少

アジア日記

留学で中国大陸を四年間渡り歩いた著者が、最後に行き着いた場所――延吉。そこは中国朝鮮族が人口の半分を占める北朝...


写真集 忘れられた人々

馬小虎/著

ISBN978-4-8074-0616-6

在庫あり

写真集精神疾患

ひとつの社会を最もよく表すのは精神病者の扱いであるといわれる。本書は中国の新進カメラマンが中国全土の精神病院を...


※書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。