近刊検索 デルタ

2019年7月27日発売

岩波書店

古代の都 なぜ都は動いたのか

なぜ都は動いたのか
シリーズ 古代史をひらく
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
飛鳥の地に始まり,難波宮を経て,日本の「古都」として今も親しまれる平城京(奈良),そして平安京(京都)へ.古代国家の中心たる「都」は,推古朝から何度も所在場所を変えた.それはなぜだったのか.近年のめざましい発掘成果や,出土文字資料・文献史料を駆使し,都の実態や移り変わりを丁寧に追う.
目次
刊行にあたって

〈古代の都〉への招待……………川尻秋生
躍動する飛鳥時代の都……………市 大樹
平城京を探る……………馬場 基
長岡京から平安京へ……………網 伸也
百済・新羅からみた倭国の都城……………李炳鎬(翻訳=井上直樹)

座談会 いま〈都城研究〉から何が見えるか(川尻秋生・市 大樹・馬場 基・網 伸也・吉川真司)

関係資料
著者略歴
吉村 武彦(ヨシムラ タケヒコ yoshimura takehiko)
吉川 真司(ヨシカワ シンジ yoshikawa shinji)
川尻 秋生(カワジリ アキオ kawajiri akio)
タイトルヨミ
カナ:コダイノミヤコ
ローマ字:kodainomiyako

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
多田蔵人/編集
山本良一/著
ソーニャ・ダノウスキ/著 新本史斉/翻訳
本日のピックアップ
朝倉書店:高原文郎 家正則 小玉英雄 高橋忠幸 
朝倉書店:高橋浩徳 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。