近刊検索 デルタ

2019年1月24日発売

岩波書店

メタボも老化も腸内細菌に訊け!

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
メタボリック・シンドロームに関わる「デブ菌」や「やせ菌」、老化に関わる「老化菌」や「若返り菌」――はたしてそんな細菌は存在するのか? 癌の発症に腸内細菌はどこまで関与しているのか? 食事・運動・睡眠などの生活習慣の改善によって腸内細菌叢を若々しく保ち、癌を防ぎ、老化を遅らせることはできるのか?
目次
はじめに――腸内細菌と現代病

1 メタボと腸内細菌の入り組んだ関係
 メタボリック・シンドローム=内臓脂肪症候群?/死の四重奏/善玉と悪玉のアディポカイン/内臓脂肪とディスバイオシス

2 高血圧・動脈硬化をもたらす腸内細菌
 高血圧と食塩の関係/腸内細菌が血圧調整に介在?/短鎖脂肪酸が血圧調整に関与/食塩が善玉菌を減らす?/食塩と胃癌のリスク/動脈硬化を引き起こすTMAO/TMAをつくる腸内細菌

3 癌や肥満にあの腸内細菌が効果
 癌と肥満にまつわる不都合な真実/肝癌と腸内細菌をつなぐ物質/腸内細菌は膵臓癌発症に関わっているか?/明らかになってきたアッケルマンシアの働き/短鎖脂肪酸が大腸癌リスクを下げる

4 老いをもたらすもの
 「老化」とは何か/炎症老化とNF‐κB/内臓肥満がもたらす免疫老化/老化への腸内細菌の影響/「長寿菌」「若返り菌」は存在するか?/高齢者の衰弱にも腸内細菌が関与?

5 アルツハイマー病と脳‐腸‐細菌軸
 増え続ける認知症/アルツハイマー病の症状とメカニズム/発症リスク因子は加齢と生活習慣/歯周病とアルツハイマー病の関係/アルツハイマー病への腸内細菌の関わり/腸内細菌由来分子の作用/脳‐腸‐細菌軸ふたたび

6 生活習慣が腸内細菌を変える
 運動習慣は認知症を防ぐか?/運動がもたらす腸内細菌叢の変化/食事と認知症と腸内細菌の関係/注目を集める地中海食/オメガ3脂肪酸の効用/地中海食と日本食/コーヒー,お茶,赤ワイン/睡眠不足が腸内細菌叢を乱す

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
舟木直久/著 乙部厳己/著 謝賓/著
嶺重慎/編集 広瀬浩二郎/編集 村田淳/編集 京都大学学生総合支援センター/著
柄谷行人/著
中込重明/著

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。