近刊検索 デルタ

2月27日発売予定

岩波書店

次なるパンデミックを回避せよ

環境破壊と新興感染症
岩波科学ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
森林破壊、温暖化、野生動物食、ペット取引、食糧開発…。人間が引き起こしてきたさまざまな環境問題が、新型コロナをはじめ、近年加速している動物由来感染症のパンデミックの背景にある。その関連性を、著者自身のルポや最新の研究報告、識者の発言を交えて解き明かし、過去の教訓を踏まえて正しい未来を作り直す術を提言する。
目次
はじめに

序 章 動物由来感染症の時代
パンドラの箱/動物から人間へ/エボラの出現/再興感染症/グローバル化/根本原因はどこに?/七つの要因

第1章 進む森林破壊
アブラヤシの海/起源は森に/減り続ける熱帯林/増えたネズミ/マラリア増加の背景/土地の改変
◆コラム できるか持続可能なパームオイル

第2章 地球温暖化がもたらす感染症
水たまりの出現/暑くなる地球/最も危険な動物/三〇年前の警告/エルニーニョがモデル/変わる動物の分布/一〇億人にリスク/細菌や寄生虫も/日本にも忍び寄る蚊の恐怖/日本脳炎/復興投資
◆コラム マラリア再興の懸念

第3章 広がる野生動物食
「森の肉」が急増/森林破壊とともに/ブッシュミートクライシス/チンパンジーの肉/長い連鎖/低い意識/困難な対策
◆コラム 日本にもリスクはある

第4章 ペット取引のリスク
押収オウムの群れ/エキゾティックペット/ペットが広める感染症/日本ではオウム病/爬虫類も原因に/消費大国日本/違法取引の巧妙な手口/ラスカルブームの果てに/コロナと野生動物取引
◆コラム 輸入できないはずなのに

第5章 肉食とパンデミック
大湿地に家畜の群れ/ニパウイルスの大流行/増える家畜/多い家畜のウイルス/人肉市場/既にあった警告/共通の環境、一つの健康
◆コラム 人間も危険にさらす

第6章 生物多様性の視点
大絶滅の時代に/目標達成できず/生物多様性とウイルス/ウイルスの役割/目立つコロナの悪影響
◆コラム 四種に一種が絶滅の危険に

終 章 根本からの変革を
主犯は人間/復興投資の利用/お金の流れを変える/野生生物とのソーシャルディスタンス/自然が助けてくれる

あとがき
著者略歴
井田 徹治(イダ テツジ ida tetsuji)
タイトルヨミ
カナ:ツギナルパンデミックヲカイヒセヨ
ローマ字:tsuginarupandemikkuokaihiseyo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
赤坂憲雄/著 藤原辰史/著 新井卓/著
赤松明彦/著
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ/著 松本妙子/翻訳
五百旗頭真/監修 御厨貴/監修 飯尾潤/監修 ひょうご震災記念21世紀研究機構/著
もうすぐ発売(1週間以内)
学研プラス:G・MASUKAWA なんばきび 
潮書房光人新社:楊海英 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。