近刊検索 デルタ

2020年4月26日発売

岩波書店

東大連続講義 歴史学の思考法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
東大生が入学して最初に身につける、社会を生きるための歴史学的思考法。「大学で学ぶ最初で最後の歴史学」を念頭に、じっさいに東大駒場で1・2年生向けに行われている全12回オムニバス講義。他大学の1・2年生はもちろん、歴史好きの高校生やビジネスパーソンも必読の、教養としての歴史学。
目次
はじめに



第Ⅰ部 過去から/過去を思考する

第1章 歴史に法則性はあるのか——歴史と変化の理論 ……………桜井英治
1 成長モデル ——一度かぎりの歴史
2 周期モデル ——歴史はくり返す

第2章 過去の痕跡をどうとらえるのか——歴史学と史料 ……………渡辺美季
1 歴史学の営みと史料
2 歴史学の「歴史」と史料
3 狭義の史料と広義の史料

第3章 時間をどう把握するのか——暦と歴史叙述 ……………田中 創
1 暮らしを取り巻く時間
2 暦と歴史叙述



第Ⅱ部 地域から思考する

第4章 人びとの「まとまり」をとらえなおす——歴史の中の国家と地域 ……………杉山清彦
1 世界史と「国家」
2 「地域」からとらえる歴史
3 ふたたび「国家」へ ——歴史の中の国家と社会

第5章 現代社会の成り立ちを考える——グローバリゼーションの歴史的展開 ……………黛 秋 津
1 グローバル社会の形成過程
2 歴史的グローバリゼーションの展開——近代移行期のバルカンを例として
3 グローバルな歴史のとらえ方 ——グローバル・ヒストリー

第6章 植民地主義と向き合う——過ぎ去らない帝国の遺産 ………………岡田泰平
1 近代と帝国主義
2 植民地主義と植民地研究
3 世界史の中の脱植民地化



第Ⅲ部 社会・文化から思考する

第7章 世界像を再考する——イスラームの歴史叙述と伝統的世界像……………大塚 修
1 中東イスラーム地域における歴史
2 中東イスラーム地域における伝統的世界像

第8章 内なる他者の理解に向けて——儀礼と表象、感性の歴史学 ……………長谷川まゆ帆
1 人類学の誕生と歴史学への浸透
2 「棲み分け」から対話へ
3 歴史の動的過程の理解に向けて

第9章 当たり前を問う、普通の人びとを描く——日常史と民俗学 ……………岩本通弥
1 民俗学とは何か
2 日常史の誕生と展開



第Ⅳ部 現在から/現在を思考する

第10章 「近代」の知を問いなおす——歴史学・歴史叙述をめぐる問い ……………井坂理穂
1 歴史学を問いなおす
2 南アジア近代史の分野での模索
3 歴史学・歴史叙述のあり方をめぐる模索

第11章 アナクロニズムはどこまで否定できるのか——歴史を考えるコトバ ……………山口輝臣
1 否定されるアナクロニズム
2 アナクロニズムは排除し切れるのか
3 アナクロニズムと向き合う

第12章 「私たちの歴史」を超えて——ともに生きる社会のために ……………外村 大
1 歴史が作り出す「私たち」
2 国史が生み出す対立と抑圧
3 他者理解としての歴史学
著者略歴
東京大学教養学部歴史学部会(トウキョウダイガクキョウヨウガクブレキシガクブカイ toukyoudaigakukyouyougakuburekishigakubukai)
タイトルヨミ
カナ:トウダイレンゾクコウギ レキシガクノシコウ
ローマ字:toudairenzokukougi rekishigakunoshikou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
技術評論社:イーディーエル株式会社 平塚知真子、井上勝 青山司、島袋海 真鍋博美 
ユニプラン:ユニプラン編集部 公益財団法人東京観光財団他 
学文社:角南なおみ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。