近刊検索 デルタ

2021年4月8日発売

岩波書店

分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
クラスター対策に3密回避。未知の新型コロナウイルスに日本では独自の対策がとられたが、その指針を描いた「専門家会議」ではどんな議論がなされていたのか? 注目を集めた度々の記者会見、自粛要請に高まる批判、そして初めての緊急事態宣言……。組織廃止までの約四カ月半、専門家たちの議論と葛藤を、政権や行政も含め関係者の証言で描くノンフィクション。
目次
プロローグ│疱瘡神と乱世

第1章│未知のウイルスを前に 2月3日〜24日
それぞれのルビコン川
厚労省アドバイザリーボード
専門家会議発足
市民への説明
独自の見解の準備
専門家会議としての会見へ

第2章│クラスター対策と「情報の壁」 2月24日〜3月11日
クラスター対策班
「一斉休校」と北海道の感染拡大
若者への呼びかけ
感染者情報をめぐる軋轢
学生ボランティア

第3章│桜の季節の感染拡大 3月11日〜22日
御用学者の本分
遅れた検疫対策
大阪・兵庫の往来自粛
文書とりまとめの役割変更
大規模イベントをめぐって

第4章│緊急事態宣言発出へ 3月22日〜4月7日
「医療がもたない」
新型コロナと特措法
日本医師会の危機感
「最低七割、極力八割」
緊急事態宣言発出

第5章│リスクコミュニケーション 4月7日〜5月19日
PCR検査をめぐる批判
「四二万人」死亡推計会見
緊急事態宣言解除の基準数値
一〇万人あたり〇・五人
緊急事態宣言判断の三つの理由
高まる批判、不安定な会議体

第6章│専門家会議の「卒業」 5月19日〜7月3日
前倒しされた宣言解除時期
首相と一緒の会見の危うさ
議事録問題をめぐって
専門家の「卒業論文」と厚労省の反発
「卒論」会見と専門家会議の廃止
次なるルビコン川

エピローグ│後の先

あとがき
関連事項カレンダー

装丁=森裕昌
著者略歴
河合 香織(カワイ カオリ kawai kaori)
タイトルヨミ
カナ:ブンスイレイドキュメントコロナタイサクセンモンカカイギ
ローマ字:bunsuireidokyumentokoronataisakusenmonkakaigi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
金明哲/著 中村靖子/著 上阪彩香/著 土山玄/著 孫昊/著 劉雪琴/著 李広微/著 ほか
金澤周作/著
大久保奈弥/著
宮崎勇/著 本庄真/著 田谷禎三/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。