近刊検索 デルタ

5月13日発売予定

岩波書店

思言敬事 ある人文書編集者の回想

ある人文書編集者の回想
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「出版界には不思議なことが起こる。そして、不思議なことを起こす力がある」。人文書のベル・エポックにみすず書房の編集者となった著者は、アーレント、シュミットから丸山眞男、藤田省三まで、今日まで読み継がれる数々の本を手がけた。思い出深い執筆者や翻訳者、書物をめぐって伸びやかにつづられた回想録的エッセイ集。
目次
まえがき


Ⅰ ある人文書編集者の回想
一 私のなかのDNA
二 生き残った者
三 オリエンタリストの卵
四 小尾俊人と出会う
五 一九七〇年代はよく働いた
六 一九八〇年代以後
七 二つの展覧会


Ⅱ 出会った人のこと
翻訳者素描
大久保和郎/中野好之/松浦高嶺/小林英夫/石上良平/稲葉素之/三宅徳嘉/宇佐見英治/中島みどり/池辺一郎/ヴォルフガング・シャモニ
ゆで卵とにぎり飯——岡本敏子さんとの物語
すこし昔の話——みすず書房旧社屋のこと
私は顔はまずいし、優しくもない——『傅雷家書』とその編集者
あなたはこの世の四月の空——中国の国章をデザインした女性
戸田銀次郎父子のこと


Ⅲ 出会った本のこと
丸山文庫所蔵の徂徠関係資料をめぐって
三つの『保元物語』
本棚の片隅から
一 ニューヨーク公共図書館/二 クルアーンの中国語訳者/三 ヴィジャヤナガル王国の都で
異文化理解を体現した本の形


あとがき
初出一覧
主要書名索引
主要人名索引
著者略歴
加藤 敬事(カトウ ケイジ katou keiji)
タイトルヨミ
カナ:シゲンケイジ
ローマ字:shigenkeiji

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
君島久子/著 後藤仁/イラスト
ジャック・デリダ/著 藤本一勇/翻訳
ジョー・ヘルマンス/著 村岡克紀/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。