近刊検索 デルタ

2021年3月15日発売

岩波書店

奴婢訓 他一篇

岩波文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈過ちを叱られた時は、部屋の出がけや階段の途中で、聞こえよがしにぶつぶつ言うこと、冤罪と思わせる効果がある〉——召使の奉公上の処世訓が皮肉たっぷりに説かれた「奴婢訓」。他に当時のアイルランドの貧困処理について述べた激烈な一文を付す。『ガリヴァ旅行記』の作者の逆説に満ちた諷刺を堪能できる味わい深い訳。
目次
奴婢訓

奴婢一般に関する総則

細則篇
第一章 召使頭
第二章 料理人
第三章 従僕
第四章 馭者
第五章 別当
第六章 家屋並びに土地管理人
第七章 玄関番
第八章 小間使
第九章 腰元
第十章 女中
第十一章 乳搾り女
第十二章 子供付きの女中
第十三章 乳母
第十四章 洗濯女
第十五章 女中頭
第十六章 家庭教師

宿屋における召使のつとめ
ディーンの家僕(しもべ)の守るべき掟

アイルランドの貧家の子女がその両親並びに祖国にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案

訳註
漱石のスウィフト……………深町弘三
解説……………深町弘三
著者略歴
スウィフト(スウィフト suwifuto)
深町 弘三(フカマチ コウゾウ fukamachi kouzou)
タイトルヨミ
カナ:ヌヒクンホカイッペン
ローマ字:nuhikunhokaippen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
君島久子/著 後藤仁/イラスト
相澤美智子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
成美堂出版:マカベアリス 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。