近刊検索 デルタ

6月22日発売予定

岩波書店

源氏物語を読む

岩波新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
千年を超えて読み継がれてきた『源氏物語』。その魅力の核心はどこにあるのだろうか。既存の物語を下敷きとしながら生み出された経緯に注目しつつ、長大な物語の隅々まで目を配り、一つ一つの巻を丁寧に「読む」ところから本質に迫る。何度も通読した愛好家にも、初めて挑戦する読者にも、新たなヒントが詰まった一冊。
目次
はじめに

Ⅰ 誕生から青春
一 両親の悲恋と美しき若君——桐壺(きりつぼ)巻
二 色好みの主人公——帚木(ははきぎ)・空蟬(うつせみ)・夕顔(ゆうがお)巻
三 憧れの人とゆかりの少女——若紫(わかむらさき)・末摘花(すえつむはな)巻
四 不義の子の誕生——紅葉賀(もみじのが)・花宴(はなのえん)巻

Ⅱ 試練と復帰
一 御代替わりの後——葵(あおい)・賢木(さかき)・花散里(はなちるさと)巻
二 不遇の時代——須磨(すま)・明石(あかし)巻
三 待つ者と離反する者——澪標(みおつくし)・蓬生(よもぎう)・関屋(せきや)巻
四 権勢基盤の確立——絵合(えあわせ)・松風(まつかぜ)・薄雲(うすぐも)・朝顔(あさがお)巻

Ⅲ 栄華の達成
一 幼馴染の恋——少女(おとめ)巻
二 新たなる女主人公——玉鬘(たまかずら)・初音(はつね)・胡蝶(こちょう)巻
三 翻弄される人々——蛍(ほたる)・常夏(とこなつ)・篝火(かがりび)巻
四 玉鬘との別れ——野分(のわき)・行幸(みゆき)・藤袴(ふじばかま)・真木柱(まきばしら)巻
五 六条院の栄華——梅枝(うめがえ)・藤裏葉(ふじのうらば)巻

Ⅳ 憂愁の晩年
一 若い妻の出現——若菜上(わかなのじょう)・若菜下(わかなのげ)巻
二 柏木の煩悶と死——柏木(かしわぎ)・横笛(よこぶえ)・鈴虫(すずむし)巻
三 まめ人の恋の悲喜劇——夕霧(ゆうぎり)巻
四 紫上の死と哀傷——御法(みのり)・幻(まぼろし)巻

Ⅴ 次世代の人々
一 光源氏没後の人々——匂兵部卿(におうひょうぶきょう)・紅梅(こうばい)・竹河(たけかわ)巻
二 八宮の姫君たち——橋姫(はしひめ)・椎本(しいがもと)・総角(あげまき)巻
三 中の君へ、そして浮舟へ——早蕨(さわらび)・宿木(やどりぎ)・東屋(あずまや)巻
四 薫と匂宮、揺れる浮舟——浮舟(うきふね)・蜻蛉(かげろう)巻
五 浮舟の出家——手習(てならい)・夢浮橋(ゆめのうきはし)巻

おわりに

参考文献
主要人物紹介
系 図
年 立
著者略歴
高木 和子(タカギ カズコ takagi kazuko)
タイトルヨミ
カナ:ゲンジモノガタリヲヨム
ローマ字:genjimonogatarioyomu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
金明哲/著 中村靖子/著 上阪彩香/著 土山玄/著 孫昊/著 劉雪琴/著 李広微/著 ほか
金澤周作/著
大久保奈弥/著
宮崎勇/著 本庄真/著 田谷禎三/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。