近刊検索 デルタ

2022年10月24日発売

岩波書店

出版社名ヨミ:イワナミショテン

スピノザ 読む人の肖像

読む人の肖像
岩波新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
哲学者とはいかなる人物なのか。何を、どのように、考えているのか。思考を極限まで厳密に突き詰めたがゆえに実践的であるという、驚くべき哲学プログラムを作り上げたスピノザ。本書は、難解とされるその全体像を徹底的に読み解くことで、かつてない哲学者像を描き出す。哲学の新たな地平への誘いがここに!
目次
 凡例

序章 哲学者の嗅覚

第一章 読む人としての哲学者――『デカルトの哲学原理』
 1 スピノザの三つの名前
 2 スピノザ哲学の「源流」
 3 『デカルトの哲学原理』第一部――方法の問題
 4 『デカルトの哲学原理』第二部――スピノザと物理学

第二章 準備の問題――『知性改善論』『短論文』
 1 スピノザの二つの技術
 2 『知性改善論』と方法
 3 『短論文』と神の存在証明

第三章 総合的方法の完成――『エチカ』第一部
 1 『エチカ』誕生の地
 2 『エチカ』第一部(1)――総合的方法の完成
 3 『エチカ』第一部(2)――実体と様態

第四章 人間の本質としての意識――『エチカ』第二部、第三部
 1 『エチカ』手稿の発見
 2 『エチカ』第二部――身体と精神
 3 『エチカ』第三部――欲望と意識

第五章 契約の新しい概念――『神学・政治論』
 1 『神学・政治論』の執筆
 2 神学的なもの
 3 政治的なもの

第六章 意識は何をなしうるか――『エチカ』第四部、第五部
 1 再び『エチカ』へ
 2 『エチカ』第四部――良心と意識
 3 『エチカ』第五部――自由は語りうるか

第七章 遺された課題――『ヘブライ語文法綱要』『国家論』
 1 スピノザ晩年のオランダ
 2 『ヘブライ語文法綱要』――純粋な知的喜び
 3 『国家論』――来るべき民主国家論

 文献表
 後書き
著者略歴
國分 功一郎(コクブン コウイチロウ kokubun kouichirou)
タイトルヨミ
カナ:スピノザ
ローマ字:supinoza

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

岩波書店の既刊から
竹内行夫/著 中北浩爾/著 若月秀和/著 蔵前勝久/著
伊藤詩織/著
柴田良弘/著
荒川正晴/編集 大黒俊二/編集 小川幸司/編集 木畑洋一/編集 冨谷至/編集 中野聡/編集 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。