近刊検索 デルタ

2020年2月16日発売

岩波書店

貨幣システムの世界史

岩波現代文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
貨幣の価値は一定であると我々は常識的に考えている。しかし、複数の通貨が存在して評価が多元的であるという事例は、歴史上、さまざまな地域、時代にあった。交換という行い自体が多様である以上、貨幣も多様にならざるを得ない――。謎に満ちた貨幣現象を、世界史の中で根本から問い直す。
目次
序 章 貨幣の非対称性
 1 合算できない貨幣たち/2 手渡される貨幣の論理/3 還らない貨幣/4 多元的貨幣論へ


第一章 越境する回路――紅海のマリア・テレジア銀貨
 1 マリア・テレジア銀貨の謎/2 英仏伊白による鋳造競争/3 銀貨流通の実態/4 回路としての貨幣/5 マリア・テレジア銀貨が語る貨幣論


第二章 貨幣システムの世界史
 1 見えざる合意/2 地域流動性と支払協同体/3 銅貨の世界と金銀貨の世界――手交貨幣の二極面/4 分水嶺としての一三世紀/5 本位貨幣制と世界経済システム


第三章 競存する貨幣たち―― 一八世紀末ベンガル、そして中国
 1 錯綜する貨幣/2 超零細額面貨幣、貝貨の世界/3 競存する銀貨/4 市場の重層性と通貨の競存/5 銀流入はインド・中国に何をもたらしたのか


第四章 中国貨幣の世界――画一性と多様性の均衡構造
 1 時代を超越する枠組――「土銭」・「郷価」の世界/2 銅銭経済の論理/3 二つの紙製通貨――鈔と票/4 上下「不」通の構造――秤量銀制度創出の動機/5 自律的個別性と他律的画一性


第五章 海を越えた銅銭――環シナ海銭貨共同体とその解体
 1 ジャワの万暦通宝/2 中国における基準銭/3 中世日本における基準銭の形成とその消失/4 中世日本における銭貨流通の特質/5 東南アジアにおける銭貨流通/6 環シナ海銭貨共同体の遠近


第六章 社会制度、市場、そして貨幣――地域流動性の比較史
 1 貨幣と制度的枠組/2 自己組織化された地域流動性――伝統中国における小農と市場町/3 地域流動性の他律的調整――絶対王政期以前の西欧/4 地域流動性の座標/5 地域的信用と地方銀行/6 伝統市場の四類型


第七章 本位制の勝利――埋没する地域流動性
 1 一国一通貨原則の歴史性/2 小農経済と在来通貨の変容/3 紙幣と兌換性/4 脱現地通貨化と恐慌


終 章 市場の非対称性
 1 貨幣需要の季節性と通貨の非還流性/2 「財の交換」と「時の交換」/3 市場階層の不整合/4 市場の水平的連鎖と垂直的統合


補 論 東アジア貨幣史の中の中世後期日本
 1 常識の非「常識」/2 明代私鋳の北宋銭、開元銭、そして永楽銭/3 階層化する環シナ海の銭貨――悪貨は良貨を駆逐せず/4 分岐する近世東アジア


あとがき
増補新版あとがき
岩波現代文庫版あとがき

参考文献
著者略歴
黒田 明伸(クロダアキノブ kurodaakinobu)
タイトルヨミ
カナ:カヘイシステムノセカイシ
ローマ字:kaheishisutemunosekaishi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
寺島実郎/著
クラウス・コルドン/著 酒寄進一/翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大竹泰彦 小宮英一 
明石書店:文部科学省 
共立出版:篠塚一也 
信山社出版:遠山純弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。