近刊検索 デルタ

2021年3月15日発売

岩波書店

歴史論集 方法としての史学史

方法としての史学史
岩波現代文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
歴史学は現代社会において何をなしうるのか。「戦後歴史学」が提示した歴史像が再検討を迫られ、さらに歴史修正主義の登場により歴史観の相克が深まるなかで、歴史学の方法、立場、叙述のスタイルなどをめぐる模索が様々に積み重ねられてきた。それらを批判的に検討することを通じて、歴史学のこれからのあり方を考察する、史学史的な視点からの歴史評論を集成する。現代文庫版オリジナル。解説・戸邉秀明。
目次
歴史論集1 まえがき

問題の入口 「歴史の語り方」のメタヒストリー

第1章 〈正典〉なき時代
1 〈正典〉と歴史学
2 前田愛の作品をめぐって

第2章 二〇世紀歴史学の「古典」
1 近代歴史学の誕生と変化
2 実証主義の懐疑

第3章 歴史の「語り方」がなぜ問題となるのか


Ⅰ 「歴史学」という近代の装置

第4章 「歴史学」という言説
はじめに
1 三つの論争/三つの史学史
2 一九三〇年代の歴史学の風景
⑴ 明治維新像・一九三五年前後Ⅰ
⑵ 明治維新像・一九三五年前後Ⅱ
おわりに

第5章 ナショナル・ヒストリーへの「欲望」
はじめに
1 ナショナル・ヒストリーの形成——一八九〇年前後
2 焦点としての「歴史」とナショナル・ヒストリー——一九三〇年代後半以降

第6章 文学史の饗宴と史学史の孤独


Ⅱ 鏡あるいは座標軸としての「民衆史研究」

第7章 違和感をかざす歴史学
はじめに
1 はじまりの違和感
2 民衆思想史研究の成立——前期・民衆思想史研究
3 民衆思想史研究の転回
むすびにかえて——「社会史研究」との距離

第8章 民衆史研究と社会史研究と文化史研究と——「近代」を対象とした
はじめに
1 民衆史研究/社会史研究/文化史研究にかかわるいくつかの前提
2 民衆史研究を軸とした歴史学の光景——社会史研究への親和と文化史研究への違和

第9章 三つの「鳥島」
はじめに——史学史という領域
1 『「鳥島」は入っているか』とその三つのヴァージョン
2 自己と他者
3 「六八年」の転換と「九〇年代」への対抗


Ⅲ 歴史学の認識論的転回へ向かって

第10章 歴史意識の八〇年代と九〇年代

第11章 「評伝」の世界と「自伝」の領分——史学史のなかの個人史研究
はじめに
1 民衆史研究のなかの個人史研究
2 自伝をめぐって
3 自伝と歴史叙述のあいだ
むすびにかえて

第12章 史学史のなかのピエール・ノラ『記憶の場』
1 「記憶の場」となった『記憶の場』
2 「記憶の場」の構成
3 一九七〇年代と一九九〇年代の歴史学
むすびにかえて

第13章 現代歴史学の「総括」の作法——民衆史研究・社会運動史・社会史研究を対象として
はじめに——『成果と課題』の成果と課題
1 「総括」の現在とその作法
2 「民衆史研究」をめぐって
3 「社会運動史」グループの「総括」
4 「戦後歴史学」の姿勢
5 「第二世代」「第三世代」による総括
おわりに


初出一覧
解 説……………戸邉秀明
著者略歴
成田 龍一(ナリタ リュウイチ narita ryuuichi)
タイトルヨミ
カナ:レキシロンシュウ
ローマ字:rekishironshuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

岩波書店の既刊から
君島久子/著 後藤仁/イラスト
相澤美智子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
成美堂出版:マカベアリス 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。