近刊検索 デルタ

1988-03

朝日新聞社

新ルポ・精神病棟

朝日文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
弱者を利潤追求のタネにする宇都宮病院のでたらめぶりは、1984年3月に発覚した二つのリンチ怪死事件によって、内部の日常的暴力・患者の奴隷労働・院長一族の法人私物化などで次々と明らかにされた。本書では、その実態を詳細にルポする一方、良心的な病院が解放病棟で、患者の社会復帰をも含めた治療の道を探りつつある動きを紹介し、精神病棟の未来図を描く。
目次
第1部 検証宇都宮病院(松葉杖の訪問者
奇怪な死2件
白衣の患者
"研究のお相手"たち
悪徳の条件
裁きの場で
資料石川文之進被告に対する一審判決)
第2部 「宇都宮病院」をなくすために(入院51回!
アルコール症専門病院
分裂病の軌跡
吹き抜けのある病棟
十人力の病棟
実名で生きる)
著者略歴
大熊 一夫( )
タイトルヨミ
カナ:シン ルポ セイシン ビョウトウ
ローマ字:shin rupo seishin byoutou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。