近刊検索 デルタ

2022年3月30日発売

偕成社

出版社名ヨミ:カイセイシャ

エーリッヒ・ケストナー こわれた時代

こわれた時代
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
児童文学作家として知られるケストナーの生涯を、本人の言葉の引用などを通して描いた伝記。ドイツ児童文学賞受賞作。『ケストナー ナチスに抵抗し続けた作家』(1999年刊行)の新訳。

母の期待に応え、優等生ぶりを発揮した子ども時代。作家、詩人、ジャーナリストなど多方面で文筆活動をこなし、精力的に活躍した二十代。一転、ナチ政権下で執筆を禁じられ、命の危険にさらされながらも生きのびた第二次世界大戦。そして、戦後は、ドイツ・ペンクラブ会長として活躍し、平和を訴えつづけた。
本書はまた、母親との強い絆、出生の秘密、恋人との関係など、プライベートもつまびらかにする。
運命に翻弄されながら時代を見つめ、人はどう生きるべきかを問いつづけたケストナーの人生にせまる一冊。
目次
思いあがり——まえがきにかえて
第1章 子ども時代の光景
第2章 夫のかわり
第3章 君はこんな国を知っているか?
第4章 ひとりぼっちのラッキーボーイ
第5章 女神フォルトゥーナにけられる
第6章 ベルリン
第7章 小さな詩工場
第8章 礼儀正しく、しっかりした少年
第9章 燃えている
第10章 越冬
第11章 時がこわれている
第12章 失われた顔
第13章 日々の雑事
第14章 マッチのない国
第15章 小さな自由
第16章 十三番目の月
著者略歴
クラウス・コルドン(クラウスコルドン kurausukorudon)
著者 クラウス・コルドン(1943~) ドイツのベルリン生まれ。旧東ドイツの東ベルリンで育つ。大学で経済学を学び、貿易商としてアフリカやアジア(特にインド)をよく訪れた。1972年、亡命を試みて失敗し、拘留される。73年に西ドイツ政府によって釈放され、その後、西ベルリンに移住。1977年、作家としてデビューし、児童書やYA作品を数多く手がける。本書でドイツ児童文学賞を受賞。代表作に『ベルリン1919 赤い水兵』『ベルリン1933 壁を背にして』『ベルリン1945 はじめての春』の〈ベルリン3部作〉などがある。
ガンツェンミュラー文子(ガンツェンミュラーフミコ gantsenmyuraafumiko)
訳者 ガンツェンミュラー文子(1943~) 千葉県生まれ。ドイツ語・ドイツ文学を学び、1972年ドイツに渡る。ミュンヒェン国際児童図書館に25年間勤務し、言語部門専門員として日本・韓国・中国・台湾などアジア圏の児童書を広く収集・分析。また、日本の児童書を紹介する展示の企画や講演などを行う。日本の児童詩のドイツ語訳も手がけ、日独の架け橋として活躍している。
タイトルヨミ
カナ:エーリッヒケストナー
ローマ字:eerihhikesutonaa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

偕成社の既刊から
遠藤謙/著 米村知倫/イラスト
小森香折/著 平澤朋子/イラスト
花形みつる/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
SBクリエイティブ:成田悠輔 
大誠社:嶋伏ろう 梅澤夏子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。