近刊検索 デルタ

2018年7月25日発売

KADOKAWA

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。6

MFブックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
織田信長が世を去り、その嫡男信忠が跡を継ぐことで歴史は再び紡がれていく。
葬儀後、信長の遺書を通じ、神社仏閣の増改築事業を信忠の手柄とすべく、光輝は淡々とその使命を全うしていく。
どうしても手の回らないところは、個人的な嫌悪を度外視して細川幽斎に協力を仰ぐ光輝。
だが、当の幽斎の光輝嫌いはどうにもならない域に達しており、仕事はするものの一人悪態をつき続けるのであった。
そして思いもよらぬ信忠の急死、さらには織田幕府と津田家との関係に決定的な溝が生まれるや、光輝の落胆と幽斎の憎悪は戦へと姿を変え、両者を決戦の地、関ヶ原へと誘うのであった。
著者略歴
Y.A(ワイエー)
神奈川県在住「なろう」出身の物書き。2009年頃二次創作から小説を書き始め、2012年よりオリジナルを手がけ今に至る。
lack(ラック)
元ゲーム会社所属デザイナー。現在はイラストレーターとしてTCG、ソーシャルゲームなどでイラストレーターとして活躍中。 参加作品『神撃のバハムート』、『デュエルマスターズ』、『三国志大戦『』、『Z/X』 、『ヴァンガード』、『聖戦ケルベロス』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。