近刊検索 デルタ

2019年11月9日発売

KADOKAWA

地名崩壊

角川新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「ブランド地名」の拡大、「忌避される地名」の消滅、市町村合併での「ひらがな」化、「カタカナ地名」の急増。安易な地名変更で土地の歴史的重層性が失われている。地名の成立と変貌を追い、あるべき姿を考える。
目次
まえがき
第1章 地名の成り立ちと由来
 二人以上の人の間に共同に使用せらるる符号――柳田国男
 土地の特徴を反映した自然発生的な地名
 地形に由来する地名
 水上交通に由来する地名
 道に由来する地名

第2章 駅名と地名の関係
 駅名は地名を採用するのが基本だが……
 私鉄が神社仏閣を名乗りたがる理由
 地元の地名より東・西・南・北・新・中央
 「キラキラ駅名」はなぜ生まれるか

第3章 キラキラ地名が生まれる事情
 好かれる地名・忌避される地名
 ブランド地名はどうなっているか
 ひらがな・カタカナ地名の急増

第4章 土地の安全性が地名でわかるのか
 忌避される「福島」の地名
 蛇落地悪谷という地名
 地名が命名された地点と土地条件

第5章 地名を崩壊させないために
維新・震災・戦災の後で激変した東京の地名
 政令指定都市の増加と区名決定
 外国の自治体名
 合併新村名を濫造させた3度の合併
 復活する地名
著者略歴
今尾 恵介(イマオ ケイスケ imao keisuke)
1959年横浜市生まれ。地図研究家。明治大学文学部ドイツ文学専攻中退。(一財)日本地図センター客員研究員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査を務める。『地図マニア 空想の旅』(第2回斎藤茂太賞受賞)、『今尾恵介責任編集 地図と鉄道』(第43回交通図書賞受賞)、『日本200年地図』(監修・日本地図学会2019年学会賞受賞)など地図や地形、鉄道に関する著作多数。
タイトルヨミ
カナ:チメイホウカイ
ローマ字:chimeihoukai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
浅白深也/著 海島千本/イラスト
市川慈雨/著 一夜人見/イラスト
バチカン美術館理事会/編集 中野勉/翻訳
保住圭/著 神岡ちろる/イラスト
室伏広治/著
本日のピックアップ
信山社出版:結城忠 
技術評論社:横田一輝 
第一法規:成澤紀美 藤井総 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。