近刊検索 デルタ

2018年8月24日発売

KADOKAWA

きみといたい、朽ち果てるまで

角川ホラー文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第23回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉受賞作。かつてこんなにも凄絶で美しいエンディングがあっただろうか――選考委員も絶賛した、生と死、夢と絶望が同居する混沌とした街で繰り広げられる、壊れたながらも究極に美しいボーイ・ミーツ・ガールの物語。
著者略歴
坊木 椎哉(ボウキ シイヤ)
1975年新潟県生まれ。新潟大学中途退学、現在会社勤務。2015年 ジャンプホラー小説大賞「ピュグマリオンは種を蒔く」で銅賞を受賞。16年「黄昏色の炎と213号室の雫」で、第23回日本ホラー小説大賞優秀賞を受賞。改題した『きみといたい、朽ち果てるまで』でデビュー。同日に集英社より『この世で最後のデートをきみと』を発売し、話題となる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。