近刊検索 デルタ

2018年7月24日発売

KADOKAWA

お嬢さん放浪記

角川文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1948年、米国に留学中だった著者は、サナトリウムで療養しながら「起業」し、そのお金でヨーロッパに旅立った――。渡航が難しい時代に世界を渡り歩いた女性が残した、驚きと発見溢れる旅文学の金字塔!
目次
アルバイトの記
友情のパスポート
シカゴの一夜 
オランダ風物
洪水
パンとイタリアの労働者
ドイツの冬の旅
お城をもらった話
女ひとり
 1 イタリアの巻
 2 フランスの巻
 3 税関の巻
オルレアンからサン・ブノアへ
ヨーロッパのお嬢さんたち
解説 麻木久仁子
著者略歴
犬養 道子(イヌカイ ミチコ)
評論家。1921年東京生まれ。犬養毅の孫。48年より欧米の大学で哲学・聖書学などを学ぶ。その後ヨーロッパ各国に滞在。その時の体験を『お嬢さん放浪記』にまとめ、同作はベストセラーに。「みどり一本」運動の提唱・実践、「犬養基金」の創設など、アジア・アフリカ・ヨーロッパの難民救済のために精力的な活動に尽力。カトリック信徒としても知られる。著書多数。2017年7月死去。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。