近刊検索 デルタ

2019年10月24日発売

KADOKAWA

天命の巫女は白雨に煙る 彩蓮景国記

角川文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
景国の祭祀を司る貞家の一人娘・貞彩蓮は、15年に1度行われる結界の張替えに駆り出されていた。日差しが照り付ける中、禁軍に勤める婚約者の皇甫珪と共に、仕事に精を出していると、公子・騎遼に声をかけられる。先王の墓が荒らされ、祀られていた遺体が行方不明になったので、捜してほしいというのだ。犯人を見つけるべく、貞家の名誉にかけて、調査に乗り出す彩蓮だったが、そこには現王に繋がる秘密が隠されていて――。大本命の中華ファンタジー第2弾!
著者略歴
朝田小夏(アサダコナツ asadakonatsu)
1980年静岡県生まれ。Hartnell College卒 The Art Institute of Seattle 卒。本作で第4回角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞を受賞。
タイトルヨミ
カナ:テンメイノミコハハクウニケムル サイレンケイコクキ
ローマ字:tenmeinomikohahakuunikemuru sairenkeikokuki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
橙乃ままれ/著 ハラカズヒロ/イラスト
バチカン美術館理事会/編集 中野勉/翻訳
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉林堅次 正木仁 市橋正光 
東洋館出版社:鈴木ヒデトシ ノグチノブコ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。