近刊検索 デルタ

2021年7月19日発売

KADOKAWA

ミラーワールド

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「だからいつまで経っても、しょうもない女社会がなくならないのよ」
「男がお茶を汲むという古い考えはもうやめたほうがいい」
女が外で稼いで、男は家を守る。それが当たり前となった男女反転世界。池ヶ谷良夫は学童保育で働きながら主夫をこなし、中林進は勤務医の妻と中学生の娘と息子のために尽くし、澄田隆司は妻の実家に婿入りし義父とともに理容室を営んでいた。それぞれが息苦しく理不尽を抱きながら、妻と子を支えようと毎日奮闘してきた。そんななか、ある生徒が塾帰りの夜道で何者かに襲われてしまう……。

「日々男女格差を見聞きしながら、ずっと考えていた物語です。そんなふうに思わない世の中になることを切望して書きました」――椰月美智子
著者略歴
椰月 美智子(ヤヅキ ミチコ yazuki michiko)
1970年神奈川県生まれ。02年『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。07年『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞をダブル受賞。 20年『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞。21年『明日の食卓』が映画化された。その他の著書に『るり姉』『消えてなくなっても』『つながりの蔵』『さしすせその女たち』『ぼくたちの答え』など多数。
タイトルヨミ
カナ:ミラーワールド
ローマ字:miraawaarudo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
下僕/著
村上健司/監修 井上淳哉/イラスト なんばきび/イラスト

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。