近刊検索 デルタ

2021年6月15日発売

KADOKAWA

辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版

角川文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
足尾銅山の鉱毒で甚大な被害を受け、反対運動の急先鋒となっていた谷中村は、絶体絶命の危機にあった。
銅山の資本家と結託した政府が、村の土地を買収し、遊水地として沈めようとしていたのだ。
反対運動の指導者、田中正造は、村を守るため、政治権力に法廷での対決を挑む。
だが、それは果てしなく、苦難に満ちた闘いだった。
日本最初の公害闘争を巡り、権力の横暴に不撓不屈の精神で立ち向かった人々を描いた伝記文学の傑作。
解説・魚住昭
著者略歴
城山 三郎(シロヤマ サブロウ shiroyama saburou)
1927年、名古屋市生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。57年『輸出』で文學界新人賞、59年『総会屋錦城』で直木賞を受賞。日本における経済小説の先駆者といわれる。『落日燃ゆ』『官僚たちの夏』『小説日本銀行』など著書多数。2007年永眠。
タイトルヨミ
カナ:シンサン タナカショウゾウトアシオコウドクジケン シンソウバン
ローマ字:shinsan tanakashouzoutoashiokoudokujiken shinsouban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
須垣りつ/著 庭春樹/イラスト
羊太郎/著 三嶋くろね/イラスト
DUBU(REDICESTUDIO)/著 Chugong/原著
勅使河原あねも/著 ナンキダイ/監修・イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
実業之日本社:堂場瞬一 
星海社:小川隆行 一瀬恵菜 鴨井喜徳 久保木正則 後藤豊 所誠 ほか
エール出版社:鳩山文雄 
中央公論新社:原田泰 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。