近刊検索 デルタ

2022年12月22日発売

KADOKAWA

出版社名ヨミ:カドカワ

火狩りの王 〈二〉影ノ火

角川文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
炎魔の群れに襲われたものの、辛くも逃げ延びた灯子。たどり着いた首都で、自分を助けてくれた火狩りの家族を探し始める。一方煌四は、凄腕の火狩り・炉六の狩りに同行した先で、思いもよらない残酷な光景を目にする。父の仲間だった火狩りたちがある男を拷問していたのだ。それが燠火家当主の差し金によるものと知った煌四は、彼への疑いを深めていくが……。あらゆる思惑が渦巻く中、首都には〈蜘蛛〉と呼ばれる者による反乱の時が静かに迫っていた――。
目次
第三部 神々の庭
一 火の獣
二 家
三 密告
四 照らすもの
五 老木の井戸
六 遠雷

第四部 翔ける者、這う者
一 夜半の鳥
二 円 
三 願い文
四 針
五 異形の子ら
六 破片
七 波間の記憶
八 月の鎌

解説 瀧井朝世
著者略歴
日向 理恵子(ヒナタ リエコ hinata rieko)
1984年、兵庫県生まれ。児童文学作家、日本児童文学者協会員。主な著書に、「雨ふる本屋」シリーズ、「火狩りの王」シリーズ、「すすめ!図書くらぶ」シリーズ、『魔法の庭へ』『日曜日の王国』がある。
山田 章博(ヤマダ アキヒロ yamada akihiro)
1957年高知県生まれ、京都府在住。漫画家、イラストレーター。1981年、『ぱだんぱだん』で漫画家デビュー。代表作は、『BEAST of EAST~東方眩暈録~』、『ロードス島戦記~ファリスの聖女~』など。イラストレーターとしても、多くの装画・挿絵を手掛けており、「十二国記」シリーズは二十余年にわたる代表作。その他、ゲーム、アニメのキャラクター原案、映画のコンセプトデザイン等も手掛ける。1996年、第27回星雲賞(アート部門)受賞。
タイトルヨミ
カナ:ヒカリノオウ ニ カゲノヒ
ローマ字:hikarinoou ni kagenohi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。