近刊検索 デルタ

2022年9月21日発売

KADOKAWA

出版社名ヨミ:カドカワ

ゲーム・メーカー 沈黙の侵略者

角川文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
東京湾浦賀航路上で、大型商船2隻が続けて爆発・炎上した。当初、事故かと思われた事案は、海中に仕掛けられた機雷による爆発と判明し、日本はかつてないテロの恐怖に晒される。どこの国が、いったい何者が、機雷を仕掛けたのか。さらに東京湾上空を哨戒していた、『P―1』対潜哨戒機が地上から撃墜され、日本は、空と海の動きを封じられる。かつてない危機に、株価は暴落し、経済は壊滅的ダメージを受ける。掃海母艦『うらが』に乗艦した、海上自衛隊掃海隊群司令の岡本は、湾岸戦争の死地を経験した機雷処理のスペシャリスト・奥寺一佐を現場へ送り込むことを決意する──。
目次
 目 次

プロローグ 湾岸の夜明け

第一章 ゲーム・デザイン

第二章 掃海母艦『うらが』

第三章 ゲーム・メーカー

第四章 朧月

エピローグ

あとがき
著者略歴
池上 司(イケガミ ツカサ ikegami tsukasa)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部を卒業後、広告代理店勤務を経て作家デビュー。伊五八潜水艦のインディアナポリス撃沈を題材にした処女作『雷撃深度一九・五』で脚光を浴びる。その他の作品に『八月十五日の開戦』『無音潜航』がある。
タイトルヨミ
カナ:ゲーム・メーカー チンモクノシンリャクシャ
ローマ字:geemu・meekaa chinmokunoshinryakusha

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。