近刊検索 デルタ

2018年7月21日発売

KADOKAWA

大学入試問題集 柳生好之の現代文ポラリス[2 標準レベル]

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「読み方も身についたはずなのに、成績が伸び悩んでいる・・・・・・」そんな受験生の悩みに答える問題集が登場。「スタディサプリ」で論理的に現代文を読み解く講義が大人気の柳生先生が、全国の入試問題から厳選した「入試現代文の最前線」を走る良問を徹底解説。まるでマンツーマンで講義を受けているような解説で、現代文がキミの得点源になる! MARCH・国公立大対策、最難関私立大・上位国公立大対策の基礎固めに自信をもっておすすめできる問題集。
目次
◆別冊:入試過去問演習
第1回 言語論 『日本の感性が世界を変える』鈴木孝夫 (明治大学)
第2回 文学論 『文学を〈凝視する〉』阿部公彦 (立命館大学)
第3回 芸術論 『アート・ヒステリー』大野左紀子 (北海道大学)
第4回 宗教論 『神と肉』原田信男 (同志社大学)
第5回 哲学・思想論(1) 『心という難問』野矢茂樹 (学習院大学)
第6回 哲学・思想論 『後悔と自責の哲学』中島義道 (九州大学)
第7回 文化論 『文化を交叉させる』川田順造 (法政大学)
第8回 社会論 『反知性主義』森本あんり (関西大学)
第9回 文明・科学論 『疑似科学入門』池内 了 (早稲田大学)
第10回 文明・科学論 「夢と禁欲」佐和隆光 (上智大学)
第11回 小説 「入れ札」菊池 寛 (東北大学)
第12回 随筆 「茶番に寄せて」坂口安吾 (早稲田大学)

◆本冊:各回の解答・解説
著者略歴
柳生 好之(ヤギュウ ヨシユキ)
石川県出身。早稲田大学第一文学部総合人文学科日本文学専修卒。現在、「スタディサプリ」、北九州予備校で現代文を担当。また、Z会通信添削「東大京大発展コース」問題作成、解答解説も担当。論理を重視する方法論により、医学部志望者をはじめとする理科系・数学好きの受験生から圧倒的な支持を集めている。受験国語初学者から東大志望者まで、どのような受験層にも理解しやすく、かつ奥の深い分析を披露できる明晰かつ判明な頭脳の持ち主。著書に『東大現代文でロジカルシンキングを鍛える』(KADOKAWA)がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。