近刊検索 デルタ

2020年9月18日発売

KADOKAWA

大学入学共通テスト 世界史Bの点数が面白いほどとれる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
共通テスト攻略に必要な知識を効率よくインプットするための、最強の一冊!

共通テストは「思考力が大事」と言われます。
しかし、初見の史料を読み解きながら正解を導き出すには、「思考力」だけでは足りません。

共通テストの世界史Bは、

1、史料・写真・図版は何の事項について取り上げられているのか「類推」し
2、その事項の内容をもとに
3、選択肢から正解を導き出す

という、いくつものステップを経ないと正解できない問題が多く出題されます。
つまり、「知識」があってはじめて「思考力」を発揮し、正解へたどり着くことができるのです。


本書は、「思考力」の大前提となる「知識」の吸収に特化しています。

事項の知識を深めれば、「この史料はあのことについて書かれているのだな」と類推することができ、
事項の内容をつかんでいれば、まぎらわしい選択肢の中から自信をもって解答できるようになります。

もちろん、共通テストでも出題される、センター試験のような純粋な知識問題にも対応可能!

未知の共通テストも、この1冊が強力な武器になる!
本書で、ライバルに圧倒的な差をつけよう!

【目次】
第1章  古代地中海世界
第2章  前近代のアジア世界
第3章  中世ヨーロッパ世界
第4章  近世のヨーロッパ(~市民革命)
第5章  近代の世界(19世紀~第一次世界大戦)
第6章  二つの世界大戦
第7章  戦後の世界
第8章  文化史
目次
第1章  古代地中海世界
第2章  前近代のアジア世界
第3章  中世ヨーロッパ世界
第4章  近世のヨーロッパ(~市民革命)
第5章  近代の世界(19世紀~第一次世界大戦)
第6章  二つの世界大戦
第7章  戦後の世界
第8章  文化史
著者略歴
平尾雅規(ヒラオマサノリ hiraomasanori)
河合塾講師・Z会マスターコース講師。首都圏エリアの校舎に出講しし、東大クラス・京大クラスから基礎クラスまで、幅広い講座を受け持つ。河合塾の映像授業部門「河合塾マナビス」でも講座を担当。モットーは、「理解と知識の両立」。歴史事象の内容や因果関係を、図や表も駆使してわかりやすく説明し、「なるほど、そういうことか」と受講生を納得させる講義を展開する。その一方で、「覚えなければ得点にはならない」という現実的な視点から、数百に及ぶゴロ合わせを考案して、受講生から好評を博している。
タイトルヨミ
カナ:ダイガクニュウガクキョウツウテスト セカイシビーノテンスウガオモシロイホドトレルホン
ローマ字:daigakunyuugakukyoutsuutesuto sekaishibiinotensuugaomoshiroihodotoreruhon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:一般財団法人大蔵財務協会 
明日香出版社:時吉秀弥 
技術評論社:MagnusLieHetland(著) 辻真吾(監訳) 塩井宏亮(訳) 
明日香出版社:山口拓朗 
コロナ社:日本生体医工学会 平田雅之 齋藤充弘 紀ノ岡正博 和田成生 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。